2009年12月23日

今日のめじろ 其の504

最近は余り冒険はせずに、自分が好きなテイストの御店に伺う事ばかりだ。
だから、当然、何時も美味しく頂ける。 そろそろ提饗期間が終わろうかと云う、めじろ本店の「鴨つけ麺」。 前の週、R店長に「後、一週間」と伺ったので、この至高のつけ麺を再度味わって置こうと云う次第。 券売機の上に目立つ張紙が無くなったので、前の週は見落として仕舞ったのだが、ちゃんと「限定」のボタンが有る。 R店長に喰券を御渡しして、奥のカウンターへ。 既に「鴨つけ麺」をオーダーされて居た方がいらした様で、結構なスモーキー環境(笑)に… カウンターには、高級フレンチレストランの様なメニューが置かれて居る。 フォトの入った佳いもので、祐貴社長のセンスと腕が光る。
扨、屹度此れが最後に為る「鴨つけ麺」。 フォトも綺麗に撮れたので、気を良くして、全粒粉の細麺を直喰。 この麺は見た目も美しく艶々と輝いて居る。 全粒粉なので、斑点が見えるのだが、其れもアクセントだ。 直喰すると良く判るのだが、小麦粉の「甘さ」が仄かに感じられ、ツルっとした喰感も有って、非常に印象が良い。 毎度の事乍、良い麺だ。 少し固まって仕舞うのが、玉に瑕なのだが… 麺を浸す前に、スープをグビリ。 此方も葱と鴨の「甘さ」が微妙に沁み渡る。 昔から「鴨葱」とは良く云った物で、この組み合わせはやっぱり凄い。 小生は、基本的に喰物の「甘み」は好きでは無かったのだが、この作品や西尾さんの中華そばで、其れを改めざるを得なく為って居る。 旨いものは甘くても美味いのだ。 (まぁ、「甘い」と書いて、「うまい」と読ませるのだしね) 鶏鴨スープには葱香も漂い、珠の麺を待つ。 こう云うスープが存在する事が吃驚の出来栄えに感嘆して引き上げる。 今度は何時、喰べられるかなぁ?
Baku


posted by claris1 at 09:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

燦燦斗@東十条 其の60

うむぅ…、前夜のウズリマスのアルコールが昼迄も少々残って居る。
この日が恐らくは2009年最後の訪問に為りそうな燦燦斗。 昼休みが作業で潰れて、伺ったのはもう14時。 扉の前には3名の方が御待ちで、直ぐに小生の後に3名が着く。
この日はつけ麺を頂く。 ぼ〜っと待って居る時に訊かれたので、思わず、「順番」でつけ麺にしたが、御腹のコンディションを考えるとラーメンがベターだったかしらん。 この日の麺写真は、七味を振って撮って見た。 決して最初から掛かって居る訳では無いのだが、直喰する時には七味が有った方が好きだ。 スープに浸すと余り判らないと云うのが正直な処だ。 御隣でラーメンを喰されて居た御兄さんは、たっぷりと七味を振って居らしたので、燦燦斗のスープには七味が合う様だ。 スープも麺も普段通り文句無く美味い。 2009年もこの味に御世話に為ったと立ち上がる。 と、奥様の困った様な怪訝な表情が… あ、御勘定を忘れた(大汗)。 未だ酔って居たんだよね。
Baku@耄碌して居無い、筈
posted by claris1 at 00:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

今日の渦 其の265 ウズリマス スペシャル

クリスマスの渦の恒例イベント、「ウズリマス」。
渦スタッフと常連さんのクリスマスパーティだ。 年々参加者が増えるので、2009年は藤沢のレストランを貸切にして行う。 月に一度、芳実オーナーが出張してラーメンを造る「OGGY'S Kitchen」。(スペルは正しく(笑)) 集合時刻の18時に15分程早く到着して、銀髪付の貴族帽子を被ってプチ仮装。 皆さんが揃った処で、渦スタッフと御母さんに依る「Exキャンディーズ」のパフォーマンスで開始。 司会の芳実オーナーは、マイケル・ジャクソン。 妙に完成度が高く、流石はイケメン。 え〜、セクシーを極めたコスチュームの御嬢さんに小生の口は鼻の遥か下に…(其のフォトはブログ監視委員会の勧告に従って、自主規制(笑)して、掲載フォトはマイケルとジョアンナ?の密談)
ビールでスタートして、山盛の御馳走、沢山のワイン、御約束のビンゴゲーム。 大いに盛り上がって、若返って、楽しく過ごした4時間。 小生の様なシニアも呼んで頂ける内は、顔を出そうっと。 皆さん、本当に有難御座居ました。
Baku
posted by claris1 at 00:14| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。