2008年05月30日

今日のワイン 其の200

シャトー グロリア サン ジュリアン
Chateau Gloria St. Julien 1979
200本目と云う区切りのワインアーティクルに相応しいボトルは、ワイン友のTG氏とシェアしたもう1本。 2008年の元旦に2003年を開けて、早過ぎたかと一寸、後悔したシャトー グロリア。 今回は79年ヴィンテージ。 娘より年上のワインは久し振りだが、TG氏と御互いの79年を語り合う。 ワインを挟んでの御楽しみはこんな処にも有る。 格付けされて居ないにも関わらず、シャトーグロリアは、最近人気が高い。 況してや、79年だ。 実は先に抜栓だけはしておいたのだが、コルクに付着した酒石酸結晶が、丸でクリスタルのように美しい。 ワインの色がバックなので、紫水晶其物のようだ。

グラスを透かして見ると、褐色にシフトしたカラーが良く判る。 サン・ジュリアンらしい濃い目のブーケが上がるが、口に含むと甘い果実香が有る。 甘みはタンニンが後退して居るせいで、そう感じさせるのかもしれない。 濃縮感では無い熟成が非常に心地良く、柔らかい。 このワインが醸造されて、私の口に入る迄の29年。 私は何をどう過ごして来たのかなぁ…
エチケットのフォトは、TG氏に依る。

http://blog.auone.jp/baku893/entry/detail/?EP=21259639

Baku


posted by claris1 at 00:25| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。