2008年06月24日

麺処きせき@茗荷谷 其の2

雨の月曜日。 このコンディションだと Hideki 君の「麺処きせき」が気に為る。 御茶ノ水経由では無く、大手町経由で茗荷谷へ。 湯立坂を下って、右に曲がると一際明るい照明が誘蛾灯の様に見えて来る。 10年前の藤沢時代の「めじろ」を思い出させるような印象だ。 何だか妙に懐かしい…
前客2、後客も2だ。 最初に瓶ビールを御願いする。 此処でビールを呑むのは初めてだ。 御負と称する御摘は、メンマとチャーシュウ。 御勧めを Hideki 君に問うと冷やし、亦はつけ麺との事。 未だ暑くは無い気温を考慮して、つけ麺を御願いする。 醤油スープにカレーのオプションで、100円を追加。 スープは透明感が高く、つけ麺のスープにしては然程に濃くは無い。 如何にも Hideki 君のスープと云う印象。 でも、濃くは無い処に豊富な具材が詰め込まれて居り、そんな単純な味には為って居ない。 其処にカレーのオプションを少しづつ溶かして行く。 Hideki 君の自信作のカレー味噌は、其儘頂いても充分に美味しいが、スープと出逢うと更に価値を発揮する。 葱と大蒜と… 何かな? 醤油つけ麺のスープに合わせるのは、相当にイケる。 スープ用のカレーと云う訳だ。 一方の麺は、浅草開化楼の平打太縮麺。 恐らくは無限庵が、鶏白湯に使って居るのと同じだ。 凪渋谷でも鶏白湯にはこの麺を使うそうだが、小生の印象からすると、つけ麺により適して居ると思う。 ジェントルな Hideki 君のスープだと、ちぃ麺等を使うと麺が目立ち過ぎるようになってしまうそうで、これ位が適正らしい。 確かにスープの持ち上げ方も充分だ。 無限庵で鶏白湯を頂いた時には、此でも未だ麺が幅を利かせて居る印象だったのだが…
Hideki 君の塩スープは凪の頃から、評判が良いので、次回は塩つけ麺を頂いてみたいものだ。
Baku


posted by claris1 at 23:55| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。