2008年06月25日

めん屋そら@神田 7回目位だろう

昼休みにみどりの窓口へ。 駅に一番近い評判店は屹度、「そら」。
で、久し振りに束ねたカーテンのような暖簾を擦り抜ける。 この週のつけ麺は「ごまつけ麺」との事で、余り迷わずに此れを御願いした。 スープと別皿に盛られた具が先に登場。 具とは、葱、水菜、メンマだが、メンマの貧弱さが歴然なので、別皿にするのは如何なもんだろうか。 あ、其れに固茹の味玉が半分。 固茹玉子なんて昨今は珍しく嬉しかったのだが、此れは取り立ててどうって事は無かったな。 少し橙色した胡麻色のスープは可也甘いものの、結構美味しい。 ま、胡麻スープってそうそう不味くは為らないものだが… 合わせる麺は妙に白い300gのやや太目、やや平打って感じでウェイブは少々。 余り特徴の無い麺で、其儘頂いても良くも悪くも無いって感じで、なんとコメントしよう。 喰感も普通、だ。 だが、スープとの相性は流石に宜しいようで、胡麻とのコンビネーションで救われる感じだが、まぁ、そりゃあ、一緒に喰うモンだから、其れで文句は無いんだが… そう云えば、思い出した。 何時も、不味くは無いんだけど、何と無く中途半端で満たされない気分に為るので、余り足が向かないんだった。
Baku


posted by claris1 at 00:30| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。