2008年08月29日

凪@渋谷 其の140

8月も終わろうかと云う日々の空は大荒れだ。 短時間局所集中豪雨、所謂、「ゲリラ豪雨」と云う奴だが、EMONE で雲の動きをチェックして移動して居るので、長い傘を差さずに済んで居る。ニンマリとし乍も持ち歩くだけの長い傘は、湿度程に鬱陶しい。
そんな雲行を見上げ乍、渋谷の坂を登ると結構蒸し暑い。 ビールを頂きたい処だが、次のイベントが控えて居るので、大人しく白いつけ麺だけを御願いする。 もう、コメントし尽くした感が有るのだが、この作品の美味さは一入だ。 最初にレタスや盛られて居る野菜を頂く様にして居るが、この日はアスパラなので、最初に戻った形。 このスープ、この麺、この鶏そぼろ。 矢張、この黒胡椒が良い効果を出す様で、ピリッと締まる。 この日のスープも刻み葱がスープの表面を覆う事は無く、長葱も配らわれて居る。 更に黒いのは、焦がし葱。 小生がめじろで「焦がし葱ら〜めん」ばかり喰べるのを知っていらした西尾さんの計らいかな。 麺の上には、鶏そぼろに加えて、カットしたチャーシュウも乗って居る。 毎回、少しづつ違うと云うのも楽しみだ。 タップリの麺を頂いて、鶏そぼろを落としたスープを完飲して… 少しオイリーな処もこのスープの良さだが、当然、黒烏龍茶が必須。 御腹に優しい様に常温を頂くのだが、未だ々気温が高いのがボトルの仄かな暖かさで知れる。
Baku


posted by claris1 at 02:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。