2008年08月30日

今日のめじろ 其の422

めじろのオヤジさんの還暦の御祝と云うスペシャルな「金メジ」。 沢山の「めじろ族」が集結する事に為って居り、嘸や賑わうだろうと、祝酒を提げて早目に伺う…って、早過ぎたかも。 Y君、R君のツーショットは小生には初めて。 其れにK君、もう直ぐ上がりと云うH君も… この日は特別とばかりにビールの苦手な人を除いて、乾杯、乾杯。 オヤジさんが登場する迄、2時間近くも有るので、セラーから1本。 此れはオヤジさんのセレクションのようで、モンテスのカベルネ…、では無くて、メルロ。 オヤジさんはカベルネのような「キツイ」のは、御嫌いだそうだ。
Y君にも振舞って居るとスペシャルなタレチャーシュウを造ると云うので、1番で頂いた。 先ず、見た目が綺麗である。 そして、チャーシュウ自体の出来も然る事乍、ソースが美味しい。 オニオンとガーリックの風味を良く効かせ、一寸だけ甘さを仕込んで有る。 焼き立てのガーリックチップの香ばしさが、このソースを引き立てる。 チャーシュウの下にはオニオンを敷いて居るが、辛味を旨く残して居る。 チャーシュウの上には、わけぎが乗る。 此れは、「まぜそば」用に用意されたものだ。 更に自家製糸唐辛子も乗って居るのだが、こんなに辛い糸唐辛子は初めてだ。 種が沢山有りました、との事なので、其のせいかしらん? そして、バーナーで焦目を付けた長葱。 此れがトロトロで亦、美味。 後刻、I 御所様も絶賛の一皿。 更にサービス御摘みで、この長葱を酢とマスタードを主体にしたドレッシングでサッパリと仕上げた一皿。 此れはヘルシーで嬉しい心遣い。 此れはワインなら、絶対に白が合うね。
予想通り、この日はめじろフリーク大集合。 一般の御客様がたじろがないように、御待ちの人数分の席を開けては、外の簡易テーブル席へ出たり、入ったり。 宴、酣(たけなわ)の処で皆が一旦外に出てのセレモニー。 赤いジャケットで記念写真に収まる鬚を蓄えたオヤジさんは、痩身の麻呂のようで有る。 次回の皇族詐欺映画には主演して頂かなくては…(笑) オヤジさんに酒を控えろと云う傍から祝酒、禁煙しなきゃねと云い乍レッドゴールドのライター(素敵なカラー)… 盛り上がりが収まった辺りで、空が光りオヤジさんに後光が射すように為り、セレブレイションシャワーの始まりだ。 其れが少し祝い過ぎでは無いかと思われる程に為り、外へ踏み出すのが躊躇われる程の降りと化すが、終電時刻が迫るので雷光煌く中、デコボコ代々木駅に向かう。 多くの路線ダイヤが混乱する中、何時も最初に乱れる湘南新宿ラインは、奇跡的に正常運転との事でやれやれ。 稲妻、雷鳴轟く中を直(ひた)走る列車の窓を洗う豪雨を透かし見て居るのは、天国から地獄を俯瞰するようでプチ優越感に浸れるシーン。 だが、己も亦、地獄へ落ちて行かねば為らない。 駅舎から出るのを躊躇う皆さんの脇を擦り抜けて、勇躍飛び出した(1時間はこの降りが続きますよ)が、末路は悲惨で有った。 少し怖い位の雨勢と落雷。 後で卑近のアメダスをチェックすると、この時の時間降水量は60.5ミリ。 雷が小生に落ちる事は幸い避けられたが、サージに弱いIP電話のアダプタが死亡。
Baku


posted by claris1 at 13:37| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。