2008年09月03日

凪@渋谷 其の132 (少し前の話)

此処の処、渋谷方面に来る事が多く、坂を喘ぎ登る回数が嵩んで居る。 この日もとても暑いのだが、此でも関西や内陸部に比べれば、マシだと聞く。
この気温だと温かい作品は躊躇われる。 だが、この日は、凪豚骨に代わって、スペシャルな鰺煮干豚骨醤油が饗されると西尾さんのブログで知った。 凪の醤油ラーメンは、豚骨に負けずに美味な事は、以前の鶏蕎麦や日替麺で充分に承知だ。 バンタムさんに御願いして、暑い厨房の西尾さんが速攻で作って下さった一杯は、期待に違わず美味しい。 意外にサッパリとした醤油スープは、煮干の味は其程強く無い。 鰺と豚骨の相性は良く判らないが、結果オーライ。 豚骨醤油と合わせたせいなのか、アッサリして、優しいテイストに為って居るので、夏でも喰べ易い。 其れでも、確り豚骨醤油らしいテイストは健在で、喰べ応えに不満は無い。 合わせた麺は、凪豚骨と同じ久留米の細麺。 普段通り、固目に茹でて貰ったので、あのパキポキした喰感が好ましい。 このスープとの相性も良いようだ。 チャーシュウはやや歯応えが有り過ぎかもしれないけれど… メンマは大人しい仕立て具合で、このスープにマッチして居る。 いやいや、思い掛けずに、スペシャルな一杯を頂けてラッキーだった。 黒烏龍茶を頂き乍、少し御喋りをして居ると夏さんも登場。 名残惜しいが、未だヾ暑い坂を駅に向かう。
Baku


posted by claris1 at 21:54| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。