2008年09月04日

がんこ8代目@末広町 4回目 (少し前の話)

暑いせいだろうか、ショッパイがんこのラーメンが喰べたく為って、昼休みに地下鉄に揺られて末広町へ遠征。 住吉の元がんこの「盛」は、何だか作品の見て呉れが寂しく為ってしまったし、スープが優しくて、この日の気分に合わない。 如何にも「がんこ」が恋しく為った次第。
狭い店に厨房と客席が押し込まれて居る割に、エアコンが行き届いて居る。 相当に強力なエアコンだと思われるが、燦燦斗にも此れ位の物が欲しい。 流石に此処迄気温が上がると、東十条へ足を運ぶのが躊躇われる。 生田氏の凪@ゴールデン街には強力なエアコンが入ったと聞くが、夜のラーメンを控えて居るので、伺う機会が無い。
御願いしたのは、「ちょってり」の醤油味。 所謂、背脂少な目の「中間」仕様。 期待に違わず、しょっぱいスープに身震い。 そうそう、この日はこの気分だよぉと嬉しく為るも、スープは沢山残してしまう。 ま、歳に免じて許して頂きたい。 麺も黄色い細縮で10年変わらぬ「がんこ」っぷりで、大いに結構。 チャーシュウも丸くて薄くて、ボロボロと解れ易いのが2枚。 2枚と云うのが、シンメトリカルで且つ豪勢で有り、こうで為くては行けない。 値上げかクオリティダウンか、どちらを採っても批判は免れ無いものでは有るが… メンマや海苔も以前の儘、此処迄不変と云うのも凄いかも。
Baku


posted by claris1 at 21:49| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。