2008年09月21日

今日のめじろ 其の427

大過無く台風が去った昼。 鹿児島からの賓客を東京駅近くで持て成した後に、代々木にドロップイン。 上品な和喰のランチでは、やや物足りない。 とは云え、久米仙なんぞを仕込んで居るので、御機嫌な気分でも有る。
中途半端な時刻では有ったが、社長と店長のツーショットが迎えて呉れる。 通し営業と云うのは有難いものだが、御店サイドは大変だ。 祐貴君とビールで乾杯して、タレチャーシュウを摘みに頂く。 チャーシュウの摘みの種類が増えたのだが、この野菜のタレで頂くチャーシュウは中々美味しい。 此処の処、何時も此れを御願いしてしまう。 もう1枚、新しいテイストの作品も試喰させて頂いたが、糸唐辛子を使ったピリ辛仕様も等しく美味しい。 あ…、前夜から豚喰い過ぎだったのを忘れて居た。
前夜の金メジの賑わいや其の後のエピローグを伺って、欠席を詫びる。 主麺は「まぜそば」。 通常250gの処を200gで御願いした。 塩ベースのスープでも造れるし、御勧め、かも…と、仰るので其れを御願いした。 煮干のパウダーを不断に振り掛けて居るのだが、小生の苦手な範囲に抵触しない様に拵えて有り、美味しく頂ける。 此れが塩のスープに絡むと、不思議な事に焦がしバターのような風味が出る。 この変わった香ばしさがしょっぱさに溶け込んで、良い感じに為る。 其処を混ぜて、雑ぜて、と掻き回して頂くのだ。 然程、空腹では無かったのだが、美味しく頂ける。 本当に旨い証拠と云う訳だ。 麺自体の素質が良いので、こう云うチャレンジも出来ようと云うものだ。 塩バージョンのまぜそばもメニューに載る日は近いだろう。
Baku


posted by claris1 at 00:52| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。