2008年09月23日

麺や維新@横浜

めじろ川崎店で一杯頂いて、電器屋さんを巡る。 良いデジカメが安い! 奥さん用にTZ5を買ったばかりなのだが、W53CAとTZ5では、呆れる程に画質が違う。 当たり前の話なのでは有るが、持ち物をもうひとつ増やしてもデジカメを1台買うのか… 悩みは深い。 其の奥方は横浜でショッピング中、とのメール。 で、久し振りにビブレ迄足を運ぶ。 何か喰べようと云う話に為り、此処迄来て居れば絶好のチャンスとばかりに、「維新」へ誘う。 フリーク諸兄から「一度は行って、塩を喰すべし」との指令を賜って居たので、機会を狙って居た。 だが、普段は東口で買物をする事が多いので、「遠い」維新行きを躊躇って居たのだ。 でも、ビブレからなら5分だろう。 相方を上手く騙して?、NTT方面へ。
以前の御店は塩専門だったそうなので、小生は迷わずに塩のスタンダード。 透明感の高い綺麗なスープの初口の味わいは、鶏ガラだ。 其処に魚介がスッと寄って来るが、洗練されたタイプで、魚介が鼻に付き易い塩で有っても問題ない。 「塩加減を抑えたら良い」と云うコメントを耳にして居た(奥さんも同じ事を)が、小生はこのテイストなら、このしょっぱさでOKだと思う。 儚い味のコアを巧みに塩で支えて、塩スープに仕立てて居るような造りなので、塩を抑えると物足りなさを感じてしまいそうだ。 まぁ、小生は比較的濃い味が好きだから、かも。 バラ肉のチャーシュウには特にコメントは無く、可も無く不可も無く。 気に為るのは、麺だ。 極普通の太さと云うストレートな丸麺だが、何かしっくり来ない。 少し茹で方が緩いのかとも疑ったが、屹度、そうでは無くて、こう云う腰の強く無い麺なのかも? 然程では無くても塩を利かせたスープには、もう少しキリっとした麺を使うのが、小生の好みだ。 とても美味しい塩ラーメンで有る事は間違い無い。 横浜駅近辺で塩を喰べるなら、充分に御勧め出来る。
券売機では醤油が上に来て居るが、御客様のオーダーに注意して居ると塩が7割位の印象なので、矢張メインは塩と云う事だろう。 塩の得意で無い奥さんは、醤油に味玉をオーダーして居た。 横から舐めると、同じく鶏ガラ風味で醤油スープも美味しい。 少し味を造り過ぎて居るような印象が無くもないが、野菜の?甘味を然り気なく醸して、強めの醤油の確り感を残し乍、優しくマイルドに変じさせて居る。 塩が注目されがちだが、この醤油も充分に御勧めに値する。 横浜駅近辺なら…、だが。
Baku


posted by claris1 at 00:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。