2008年10月30日

たいめいけん@日本橋 6回目 (少し前の話)

立秋とは名ばかりで、彩かに見えない風に驚かされる事も無く(笑)、汗が噴出す道を日本橋に向かう。
この日は取引先の皆さんと「たいめいけん」に。 御一人がラーメンをチョイスされたのを幸いと、其れに続く。 ラーメンの前には野菜を喰えと云う「夜中にラーメン…」の教えに従って、コールスローを追加。 なんと50円。 ラーメンと合わせても730円。 たいめいけんのテーブルで、730円は嬉しい値段だ。
このコールスローが中々美味しい。 しんなり具合や微妙な味付けが、流石に老舗の洋喰屋は違うと唸らされる次第。 ラーメンも「洋喰屋さんの」と云う枕がピッタリ。 鞘豌豆がポツンと乗って、彩も可愛い。 スープの優しさ、仄甘さは野菜由来。 丁寧に仕込まれて造られたと云う印象のスープは、安心な滋味がタップリ。 麺は毎度乍、スープに比べて凡庸で残念至極。 50年も取引して来た?製麺屋さんは変えられ無いのだろうが、ナントカならんものかな。 赤い縁取りのチャーシュウは、脂が少ないのが有り難いし、スープに見合ったテイストが悪くない。 メンマはコ麺トする事は何も無い、ね。
Baku


posted by claris1 at 00:40| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。