2008年10月30日

たいめいけん@日本橋 7回目 (少し前の話)

梅雨(じゃないって)の中休みのような昼下がり。
ますたにの呆れる程の行列を見る様に、たいめいけんの行列も延びる。 だが、「麺コーナー」は2人だけが御待ち、と云う状況で不本意乍、此方へ。 コールスローを忘れずに御願いして、先ず此方のボールを空にして、と考えると結構忙しい。 急いで喰して、消化不良に為るのも賢くは無い話で悩むなぁ。 寸胴の中を覗くゆとりも無く、ラーメンに移行。 アレっ? こんなにオイリーだったっけ? と云うか、スープの表面の油の層が厚いように感じる。 植物性の油だとは思うが、だからと云って安心出来る訳では無い。 スープのテイストは変わって居なくて、ノスタルジックな優しい印象なのだが、このオイルは… 白胡椒を軽く振って遣るのが小生は好きなのだが、オイルフェンスが其れを拒む。 麺はコメントする迄も無く、特に良いと云う訳では無い。 まぁ、ずーっとこのスープと遣って来た麺なのだから、敬意は表してあげないといけないのだろうが。 赤い縁取りのチャーシュウ、存在感の薄いメンマ、チョコンと乗ったサヤエンドウと海苔。 皆、十年一日だ。
Baku


posted by claris1 at 00:50| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。