2008年10月31日

凪@渋谷 其の150

この週は奥さんの夜遊び?が続いて、旦那殿も外喰を繰り返す。
この夜は、一週間振りに渋谷の坂を登る。 すっかり涼しく為り、朝夕は肌寒い位だ。 坂登りには良い季節に為った訳だ。 娘は残業との連絡が有り、丁度開店時刻にひとりで到着。 扨、ビールは…、やっぱり夏さんの世界一のサントリービールは外せないのだ。 丁寧にクリーミーなヘッドを作って呉れるので、とても洗練された飲感に為る。 店内が賑やかなのは、めじろも掲載された「Tokyo Walker」の(半額チケット)所為?
摘みは「ねぎチャー炒め」。 定番らしいが、小生は初めて御願いした。 刻んだチャーシュウに同じくスライスした長葱。 タレは大蒜風味の醤油。 葱が好きな小生には頗る美味いが、娘のように葱がダメなら難しいかも。 云う程には大蒜が強く無いのも好ましい。 続いて夏さんに御願いした麦焼酎は、凪海と村主。 この夜はひとりでも「焼きラーメン」を御願いした。 とても喰べたかったのだ。 矢張、真似の出来ない旨味は、豚骨スープを持つ店ならではだ。 そして、この立川製麺は本当に久留米の細麺と遜色無い。 本当に変えたの?って程に旨い。 焼きラーメンにもピッタリだ。
西尾さんの渋谷最終日にも居らして居た、春みかんさんが話し相手に為って下さる。 一緒にオーダーした鶏笹身のポン酢和えと云うのも大層美味だ。 ヘルシーメニューなのも大いに宜しい。 〆は、麺では無い。 焼きラーメンを既に頂いて居るので、御飯で。 そう、爆弾山葵飯だ。 変なタイミングで息を吸うと噎せると云う強かな一杯。 此が小生の大好物なのだ。 西洋山葵、そしてタレが非常に美味。 付けて下さったスープは、この夜の日替で有る、鰺塩。 確り風味を強めて有り、判り易い味わいで中々イケる。 めじろの其れがアッサリ系なら、此方は「強か系」とも呼べそうだ。
店の前で春みかんさんと左右に別れて、新南口へ FILE 坂を下る。 ホームライナーでゆったりと戻るが、勿論、乗り越したりはしない。(キッパリ)
Baku


posted by claris1 at 01:03| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。