2008年11月26日

三四郎@御茶ノ水

一度、伺って見たかったのが、此処。 何れは行列店に為るとの噂だから早く来たかったのだが、中々機会に恵まれなかった。
この日は昼休みの時刻に為る前に上手く時間を作る事が出来、新御茶ノ水駅から少しコートを持て余し乍、歩く。 行列どころか、空席も有る。 もう直ぐテレビ取材が入るとの御知らせをスタッフの方が張って居る。 …そりゃ大変だ、早く逃げなくては(笑)。 番組の名前を見た女性が「ジャニーズが来る」と話して居たのだが、当方には関心が無い。
スタッフに促されて買った喰券は、「特むらさき」。 醤油ラーメンを「むらさき」と呼ぶようだ。 因みに塩ラーメンは「うしお」だ。 カウンターだけのレイアウトだが、小生が座った席からは”あの”「天空落とし」が鑑賞出来る。 残念乍、中村店主殿では無かったようだが、派手なアクションを拝見するのも、1回位なら良いかも知れないな。 たが、小生の前に饗されたのは、塩ラーメン。 ほれ、洒落た心算のネイミングなんかにするから、こんなミスが起きるのだ? 一度小生に出された「特うしお」を、其儘シフトされた隣席のオジサマの気持は如何に? そう云えば、以前に高座渋谷の御店に伺った時も、注文を間違えられたな。 斯くも接客はそつが無いが、ハートを感じない印象だ。
扨、改めて饗された「特むらさき」は丼のデザインの所為か、見た目が中々素敵だ。 スープはスッキリ鶏ガラ醤油に魚介風味だが、魚介は巧みな配合だし、丁寧に処理されて居り嫌味が無い。 見た目もテイストも中々のデザインセンスを感じさせる。 流石は「中村屋」さんだ。 やや甘味に寄った味作りだが、下卑た甘味では無いので、小生はそんなには気に為らなかった。 麺は穏やかだが、しっとりした粘り腰が有り、上手くスープと調和して居る。 この辺りの計算も上手いものだ。 細くスライスしたメンマも、適切に味作りして有り、ハーモニーを壊さない。 この茎野菜は何だろう? シャキシャキした喰感だし、味の主張が低いのも好ましい。 ハムのようなローストチャーシューは、小生の好みでは無いが、不味い訳は無い。 「特」なので、海苔は5枚で楽しめたかな。
全てに於いて、そつが無いと云う以上に高いポイントで、総合点も高い。 如何にも中村屋さんの作品だ。 其れが個性なのかも知れないが、昨今のインパクトバ〜ンと云うのと一線を画す。 ま、其処が良いのだろうけれどね。
Baku


posted by claris1 at 00:26| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。