2008年12月28日

ファンネル付ワインデキャンター

何時も御世話に為って居る知人のバースデイにデキャンターを贈った。
こんなに壊れ易いものをプレゼントするのは意地悪みたいなモンだが、眺めて居る内に自分用にも欲しく為った。 自分が欲しいと思う物を贈るのは正しいと自己弁護。 当然、綺麗に包装して頂くには及ば無いので、安く買おうとネットで探すが、メーカー(ナルミ)のホームページも含めて売切ばかり。 益々欲しく為って、結局、同じ地元のデパートで最後の1セットを購入した。 2日続いて同じ物を買いに来た客はすっかり覚えられたろうな。
「セット」と書いたのは、このデキャンターはふたつのパーツから成って居るからだ。 本体の他に「ファンネル」と云う部品が付いて居る。 Funnel と云えば聞こえは良いが、「漏斗(じょうご)」の事だ。 正式名称は「エアロデキャンター」。 漏斗を通じてデキャンターにワインを流し込むのだが、漏斗の根元には2方向に穴が穿たれて居り、ワインが広がって空気に触れ乍、デキャンターの中に落ちて行く仕組みなのだ。 この内壁に沿って広がり落ちて行く様が、美しい。 ガラスには酸化鉛を使って居ないので、「クリスタルガラス」では無いのだが、酸化カリウムを使ってクリアな質感を呈して居る。 何時迄割らずに居られるものかは判らないが、里帰りした娘を驚かせようと待って居る。
Baku


posted by claris1 at 00:09| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。