2008年12月31日

今日のワイン 其の243

ドメーヌ バロン ロートシルト メドック レゼルブ スペシアル
DOMAINES BARONS DE ROTHSCHILD MEDOC RESERVE SPECIALE 2004
漸く里帰りした娘に、エアロデキャンターのデモをして見せた。 其れには、視覚的効果に加えて、デキャンタリングの効果も知れるようなボトルが良い。 で、この1本。
「ドメーヌ バロン ロートシルト」は、この名称だけで「受け」そうだが、DBR社と呼ばれて安価な、イヤ、コストパフォーマンスの良い「ラフィットライク」なボトルをリリースして居る。 特に「レゼルブ スペシアル」と大層な肩書には「ラフィットのエレガンス」が込められて居る、そうだ。
比較的濃いカベルネ・ソーヴィニヨンカラーの液体が、デキャンターの内壁を伝い落ちるのは壮観だが、効果の程は如何なモンだろうか。 ブーケも初口もティピカルなメドック然として居る。 特別に素晴らしい訳ではでは無いが、このクラスの水準以上のレベルに有る。 確かにデキャンタージュの効果が判り易かったと自賛。 セパージュは諸説有って(笑)、カベルネ・ソーヴィニヨン70%にメルロ30%が通説だが、カベルネ・フランが入ると云う記事も見掛けた。 典型的と書いたが、其のテイストは「ブラック・チェリーの果実味にスパイシーな酸味が追い掛けて来る」と云う奴だ。 纏まりは悪く無いのだが、重厚と云うよりも厚ぼったさが感じられ、少し温いタンニンが「切れ感」を悪くして居る。
ま、「5本の矢の紋章」を有り難がたがって頂くには、虚仮威し効果は満点だろうね。
インポーターも色々の様だが、小生が手にしたのはサントリー。 ビール会社がワインのインポートを手掛けると、何かとコメントを頂戴する事も有る様だが、クオリティの劣化を感じる事は無かった。
Baku


posted by claris1 at 17:05| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。