2008年12月31日

今日のワイン 其の244

シャトー ラ・テュルリー
Chateau La Tuilerie 2000
2本目が此れなのだが、何処でセラーに紛れ込んだのかが記憶に無い。 ネットで調べて見てもさっぱりヒットしないので、この金文字のエチケットのボトルは屹度、怪しい紛い物に違いない(笑)。 インポーターはメルシャンなので、まぁ、素性は明らかなのだろう。
随分と明るいカラーで其れっぽくない。 ロケーションは、GRAVES と云う事だから、ボルドーの南端のあの砂利土壌のアペラシオンだ。 本来ならもっと官能的な熟成香が有る筈なのだが、2000年ヴィンテージの割にはライトで爽やか… と云うか色っぽくない。 フランス語の情報しか見付けられなくて解釈が怪しいのだが、メルローが45%でカベルネ・ソーヴィニョンが42%、其れにカベルネ・フランとプティヴェルドが加わる。 ブーケは弱いが、このセパージュらしからぬ甘くて優しい味わいで、大人しくインパクトに乏しい。 其の分、開き易い印象で、理解が直ぐに及ぶ感じだ。 タンニンもソフトで全てが控え目に設えて有り、黒い果実味とかスパイシーさとか、このアペラシオンの特徴を感じないので、困った?。
Baku


posted by claris1 at 18:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。