2009年01月08日

たいめいけん@日本橋 9回目

9連休だった筈なのだが、思った通り、あっと云う間にオフィスに通う日々が始まってしまった。
この期間に飲んだワインボトルを資源塵に出す為に纏めて見ると呆れる程だが、此等以外に外で飲んで居るのだから、暫くは胃や肝臓を休ませて遣らないと為らないだろう。 と思い乍も前夜に馬友御夫妻に娘も加わって、新宿で痛飲。 何処ぞで転んだのか、左手の手首が腫れて居る。 (奥さんに依ると帰宅後にコケたらしい…(恥)) 当然、胃もシンドイアラートを発して居る様な状況。 で、有れば、オフィス近傍で頂く最初の昼喰は、優しくなければ為らない。 選択肢はふたつ、「栄屋ミルクホール」か「たいめいけん」だ。 前者は、未だ御正月休みかもしれない等と勘繰ってしまい、「ますたに」の向かいへ。 この日は後輩も一緒だったので、ラーメンは少し躊躇われたが、ま、良いさ。 コールスローで胃を整えるのだが、「たいめいけん」のキャベツは適切に甘いテイストが付けられて居て、好みで有る。 この日のラーメンのスープに、初めて「ブレ」の様なものを感じた。 何と表現すべきか… 少しザラっとした舌触りが残るのだ。 スモーキーと云っても良いかな? 何か焦がしたのかしらん? 「たいめいけん」は御正月も営業して居たのか、其れともこの日が初日だったのかな?? 赤い縁取りのチャーシュウもチューイで味も淡白で良くない。 一方で、メンマは丁寧な味付けで程好い柔らかさを感じ、今迄で一番。 何かが良いと何かが良くないと云うのは、当方の気の持ち方なのだろうか、良くこう云う事が有る。 流石に海苔と鞘豌豆は何時も通りだ…て、当然なのだが、この豌豆の青味も結構、存在感が有る。 麺は相変わらずダメで柔らか過ぎる。 今度こそ「麺は固め」とリクエストして見たいな。
Baku


posted by claris1 at 23:12| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。