2009年01月09日

末広@東陽町

新年早々に一寸した作業がデッカくトラブり、江東区のオフィスから昼喰に出たのは、13時30分。
未だ行列が解消して居ないに違いない「吉左右」は止めて、3年振り位に「末広」に向かう。 ギットリな味噌ラーメンを一寸喰べたく為って、後輩に案内して貰う。 なんとオーダーストップが13時35分ピッタシとの事で、メタボ腹を揺すって急ぐ。 34分に「いらっしゃいませぇ〜」と迎えて呉れたおばちゃんは、30秒程後に来られたオジサンには、「すみませ〜ん」。 ま、何処かでキッチリとラインを引くのは、小生のキャラには合って居る。 其れが13時30分では無くて、35分と云うスタンスも悪くない。
此処は中華屋さんなので、メニューは豊富なのだが、半分以上の御客様が味噌ラーメンをオーダーされる程の人気メニューだ。 白味噌で甘いと云う小生の苦手なタイプな筈なのだが、美味い。 ラーナビに皆さんが書かれて居る様に、相当甘いのだが、相当に美味い。 多少、大蒜が気に為らないでも無いが、こんな味噌味は此処にしかない。 勿論、味噌だけでは無いのだろうとは思うが、摩訶不思議なスープだ。 タップリ太いモヤシが入って居るのも痛風には悪いが、嬉しい。 このシャッキリ感が非常に良い。 残りの具は挽肉位のシンプルな構成。 麺は、黄色くて少し細目のストレートと云う味噌ラーメンには余り多くないタイプ。 茹で方に誠意が薄いので、固まるし、緩いし…なのだが、素性は良さそうだ。 何だか後を引くと云うか、名残惜しくて、結構、スープを掬ってしまった。 一寸麻薬的なヤバさを感じた一杯だった。
Baku


posted by claris1 at 23:20| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。