2009年01月26日

栄屋ミルクホール@神田 11回目

前々夜、前夜と結構頂きました。 で、この朝は5時に起きる事が流石に叶わず、重役出勤(フレックスタイムが普通に為った今はもう死語ね)。 其の御昼は、胃腸に優しくなければ為らない。 少し出遅れた事も有り、散歩気分で栄屋ミルクホールに向かう。 いや、オフィスの外へ出ると散歩なんて気分は吹き飛ぶ寒さだ。 先日の光の春は何処へと云う曇天と寒風。 寒さが腰に滲みる。 皆さんの御気遣いで漸く「痛み」は少なく為ったのだが、「違和感」は未だヾたっぷりなのだから、寒い日に出歩いてはいけないのかも…
2009年始めての訪問だが、古めかしいTVからは昭和30年代のドラマが… 其れをおばちゃんが行き成り、バラク・オバマ氏の演説に変えてしまった。 CHANGE が甚だしいのはTV番組の切替だけで、店の方はな〜にも変わって無いし、変わってはいけない。
御願いしたのは、「支那筍メン」(別なメニューには「そば」と書いて有る)。 やっぱり、葱がダメだなぁ…匂いが強く出てしまって居る。 前年の12月にも同じ印象を持ったが、此れは良く為って居ない。 折角のノスタルジックで優しいスープをスポイルしてしまう。 チャーシュウは濃いグレーで美味しそうには見えないのだが、結構イケる。 此れも前回に改善を感じたのと同じだ。 支那筍は、可も無く不可も無く、此れはズ〜っとこんな感じ。 麺は緩くて、風味も少なくてダメダメ、ズ〜っとこんな感じ。 で、スープが全ての作品なのだから、この葱、許して欲しいなぁ…
Baku


posted by claris1 at 00:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。