2009年01月27日

凪@渋谷 其の161

あの日以来、の凪@渋谷。 生田氏は前日の昼にめじろに顔を出されたと伺ったが、氏の新宿店では無く、この日は渋谷へ伺う。 ヘロヘロと坂を上り、門を曲がって、凪が見えて来ると、久し振りの感が募る。
この日は、バンタムさん、夏さん、其れに良太さんの3人体制。 何を頂くか、途次考え乍遣って来たのだが、夜の予定を考慮して、つけ麺を御願いした。 豚骨味、でもつけ麺のスープ。 毎度の事乍、このスープは独特で、特に冬場に頂くと「珍し感」が一杯。 でも、美味! この日のスープは、何時にも増して鰹節の風味が効いて居て、小麦粉の風味の高い太麺に更に良くマッチして居る。 そう、この日は太麺が切れて無かったので、迷わず此方を選択。 小生は凪のつけ麺は、実は太麺の方が好きなのだ。 何時もスープが残り気味に為るので、熱い内に結構飲んでしまった。 一方、麺も直喰いをしてしまい、どう云う喰べ方をして居るのやら。 勿論、合わせて頂くと更に麗しいのだが。 チャーシュウの外縁の脂身の部分は、残念だが、残してしまった。 黒烏龍茶も御願いしたとは云え、まぁ、この歳ですから、ハイ。
バンタムさんや夏さんに労わりの声を掛けて頂き、嬉しく渋谷の坂を下る。 重い鞄とコートとマフラーは、コインロッカーに預けて置いた。 其程に昼は暖かい麗らかな日よりだったが、翌日には亦、寒く為るとか。
尚、テーブル席だったので少し暗く、フォトは補助灯を点けて撮った。
Baku


posted by claris1 at 23:26| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。