2009年02月18日

麺屋武蔵 神山@神田

屹度、FILE さんに会えると思って、開店翌日に馳せ参じたのが、麺屋武蔵の新しい神田の御店、「神山(かんざん)」。 レセプションが有ったり、無料の試喰会(2時間)を経て、建国記念日に営業開始。 で、翌日も大賑わいだ。 神田の駅にも近いし、人通りも多い。 ラーメン店に取って、此以上の立地条件はそうは無いだろう。 TVカメラが回る中、顔を隠して?入店し、「神山ラーメン」、なんと1000円の喰券を購入。 まぁ、全部入り、と云う事だろう。 其れにしても「らしく」、威勢が宜しい。 何のアクションにも大きな掛け声が付随する。 特に麺上げ、湯切は7喰程度を連続して行うのだが、其際は、「ワッショイ、ワッショイ」の大合唱だ。 唾は飛んで無いんだろうな。 大盛も並も同じ金額なので、「どちらになさいますか?」と丁寧に訊いて呉れる。 威勢も良いが接客もキチンとした対応が取れて居る。 この辺りは、流石に「ブランド」が物を云う。 何時もの様にハンカチで「涎掛け」をして居ると、ペーパーエプロンを出して呉れた。 うん、嬉しいサービスだ。
「全部乗せ」だけ有って、充実した内容だ。 先ずは、白濁スープを啜ろうとするが、背油ががんこの「ちょってり」程度に浮いて居る。 武蔵はこんなに背油を使わないと思って居たので、少し躊躇った。 此れでコッテリ感の出たスープは魚介を適度に効かせた、やや甘味が目立つテイストだ。 柚子が仕込まれて居る様で其の香りも届くが、邪魔と迄は云わないが、其程、このスープにマッチして居るとは思えないな。 麺は結構な太麺で、ツルっとした喉越しと、モチっとした喰感が同居する中々良い麺だ。 スープにパワーが有るので、其れに負けない麺と為るとどうしても、此位の太さには為ろうが、麺自体の風味が高い訳では無い。 角煮の様なチャーシュウは、凄いヒーター(サラマンダーと云うそうだ)で炙って造るそうで、美味しいが脂も凄いので、シニアはひとつで充分だ。 勿論、黒烏龍茶を携えて戻るのだが。 海苔は余り評価出来ない低質な物。 味玉はトロリとした黄身がスープに溶け出すのが嫌なので、何時も齧り付くのだが、なんと此れは固茹の様で、小生は歓迎。 次回はゆっくりと喰そうぞ。
意地汚く大盛で御願いしてしまったので、300gを喰べ切った。 燦燦斗で鍛えて居るから、大丈夫…って、そう云う問題じゃない。 店を出ると件のTVクルーにインタビューを申し込まれたのだが、「ごめんなさい」。 (指名手配中の身なので…) あ、あれ? FILE さんは何処?
Baku


posted by claris1 at 00:03| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。