2009年02月22日

燦燦斗@東十条 其の29

風が冷たいが、日差しは柔らかい。 花粉症にはシンドイ天気の中、大仰なマスク(医療用とかで150円もするので、有効でなくては為らない)を掛けて外出。 丁度、昼休みが東十条と云う偶然、否、必然!?
燦燦斗の営業時間が変更に為ってからは、初めての訪問。 元々、昼に伺うのは難しいのだが、平日は月曜日と水曜日と為ると益々ハードルが高い。 丁度、正午に到着して、御待ちの方が2名。 一波捌けたタイミングだった様で、少し待ってしまったが、其れも亦、燦燦斗に来たぞ、と云う気分を高揚させて呉れる。
前夜にワインをたっぷり頂いた。 良いワインでは有ったが、胃袋は御疲れの様子だ。 この日はラーメンの順番なので、巡り合わせはグッド。 この日、美空ひばりさんの「愛燦燦」が流れて居たが、思えば、此処で聞くのは屹度初めてだ。 今迄、そう云うタイミングに出会わなかっただけなんだろうが…
営業時間は変わっても、何時ものテイストは少しも変わらない。 節の効いた豚骨醤油に不思議な魅力が沢山込められて居る。 麺も太くて、風味、喰感共にベスト。 其処にあのローストポーク風のチャーシュウが乗り、此が亦、良いんだよねぇ。 燦燦斗ならではと云う物ばかりで構成されて居る。 あ、奥様の優しい接客も加えて置かなくてはね。 心身共に暖まる味わいの燦燦斗。
Baku


posted by claris1 at 21:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。