2009年02月25日

たいめいけん@日本橋 10回目

急いで居た… 「ますたに」は既に大行列。 ふと道の反対側を見ると、「たいめいけん」に少し空席が有る(奇跡?)のが知れた。 で、オジサマホール長?に導かれて席に着く。
「コールスローとラーメン」と云う何時もの組み合わせ。 直ぐに出て来るコールスローを喰べ終わると、ラーメンが出て来ると云うグッドタイミング。 この日は少し前に野菜ジュースが会議で出されたので、コールスローの甘い味付けを何時も以上に感じた。 でも、この優しげな甘さは嫌いじゃない。 ラーメンも普段通りの味わいで、昭和から連綿と続く歴史が溶けたスープは、野菜の甘味が仄かに感じられる古き醤油味、コールスローの甘さとも齟齬を生じない。 この日は白胡椒を合わせて見たが、昔乍の味わい同士でマッチングは宜しい。 「ますたに」は麺を変えたが、「たいめいけん」は、勿論、最後に麺を変えたタイミングを誰も記憶して居ない程だろう。 相変わらず茹で具合は緩いのだが… 栄屋ミルクホールにしてもそうだが、ノスタルジックなスープの店の麺は大抵柔目だ。 其の方がスープに合うのか、或いは昭和には固目なんて無かった?!のかも知れないな。 この日の発見は、メンマ。 柔らかいのだが、たいめいけんオリジナルの味が良く染み込んで居る。 中々、スープとコラボして美味しいんじゃないかな。 縁赤チャーシュウは、栄屋に軍配が上がるが、ダメ出しをする程でも無い。 チョコンと中心に乗った鞘豌豆を含めて、可也、急いで喰べたら… こんなに優しいラーメンなのに御腹に凭れてしまった。 時間にも気持ちにも余裕が無いとこんな「餌喰」に為る。 大いに反省。 こんな事情なら、午後の会議にサンドイッチでも持ち込む方がベターだ。
Baku


posted by claris1 at 00:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。