2009年02月28日

Apple は格好良い

小生はマックは喰べた事は有るが、使った事は無い… はいはい、失礼しました。 Apple 社のPCの事だが、マックが「Macintosh」の略称だって事を知らない人も増えた。 GUIやマウス等を最初に取り入れたのがマックだったとか、IBMがPC事業に乗り出した時に「Welcome IBM」と広告を出した事とか、アイデアや其れをリアライズする技術、常にビルと並び称されるカリスマのトップ。 其のエポックメイキングなトピックは枚挙に暇が無い。 IBMはPC事業を中国の会社(当時は想像も叶わぬ事で)に売却し、ビルは一線を退き、スティーヴの引退も時間の問題だ。 だが、Apple 社は、数々の試練を乗り越えて、マックをリリースし続けて居る。
映画「おくりびと」でアカデミー賞を受賞された小山薫堂氏、我ワイン友、奥さんのダンスの先生。 成程、マック使いには「共通項」が少なく無い。 勿論、Windows 使いにも、そんなスタイリッシュな方は多いのだろうが、マックユーザーがMSユーザーに比べて多くは無いので、「目立つ」と云う事情が有る。 だが、「そう云う方々」のマック比率は屹度、高い。 スタイリッシュとは無縁の小生が結婚したばかりの頃に、BASIC を習ったのは Macintosh だった。 だが、悩んだ末に最初に購入したのは、PC-8001 だったので、もうあのスマートさに戻れない身体に為ってしまった。 Lisa がリリースされた時が最後のチャンスだったのだが、矢張、ノンスタイリッシュな小生は踏み切れなかった。
「漸く Windows も Mac 並みに為った」と云われ続けて久しい。 云われ続けて居ると云う状況は、「追い付いて居ない証」だと思って居る。 AirMac に限らず、Apple 社の製品は何時でも、何時迄も小生の憬れだ。 金額的に買えない訳では無いが、もう其の文化には浸れないと云う諦めが羨望を呼ぶのだ。 だから、結局、iPhone に伸ばした腕の指先が其れに触れる事は無かった。 必要に迫られて、iTune や Quick Time を使うとMSの世界にマックが僅かに香った。
そんな小生が最後にして最大の例外としようとして居るのが、「Safari 4」だ。 Windows 7 に突っ込んだので、どちらもβ版だ。 週に一度位の頻度で喧嘩をして、責任を擦り合った末に「Safari 4」が身を引くが、割と調子良い。 MS自慢の「IE8」もコイツには遠く及ば無い。 使い易さには異論も出ようが、格好良さでは誰も異を挟めまい。 此迄数多のブラウザーを使っては、嘲笑うMSの軍門に下って来た。 表示出来ないページが有る、と云う理由が一番大きい。 此れはMSの嫌がらせに抗し切れなかったと云っても良い。 「Safari 4」にも同じ厄難が降り掛かろう。 亦、「Sleipnir」と云うIE系列のブラウザーに戻って来る可能性は高いが、「Safari 4」の卓越した格好良さが損なわれる事は無い。
最近では、毎朝、林檎2個分のジュースを飲んで家を出る。 少しでもスタイリッシュにならんが為だが、昼にクウォーターパウンダー等を喰しては、ぶち壊しだ。
Baku


posted by claris1 at 13:54| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。