2009年03月28日

F1 2009 オーストラリアGP プラクティス1・2

F1シーズン開幕。 嬉しくも、亦、忙しく為るのだ…
例年以上に沢山の出来事、変更、何やかやの有ったオフシーズンだったが、兎にも角にも初戦のメルボルンはアルバートパークに20台のマシンが揃った。 其等のマシンはレギュレーションの大変更で、前年とは別なカテゴリーのマシンの様にデザインが変わった。 いや、デザインだけで無い、メカ(KERS etc)もルールもタイヤも、全てが前年とは違う。 いや、興味は尽きない。
2009年から金曜日のフリー走行からCSで中継が有る。 生で観る訳には行かないので、土曜日の午前中の再放送から楽しむのだが、此れで小生自身の行動制限が著しい(笑)。 他チームからクレームを付けられたディフューザーを装着したマシンが上位。 充分な効果が有ると見て良いだろう。 一方、このFIAの「合法ジャッジ」には、チーム間の結束を快しとしない政治判断も見え隠れする。 人間が運用する以上、其れもF1。
其れにしても、ウィリアムズ・トヨタ、ニコが速い。 P1、P2ともトップタイムで既に前年のハイダウンフォースで記録したタイムを上回る 1'26.053。 スーパーソフトのスリックタイヤ効果も有ろうが、FIAの思惑と違うタイムアップだ。 一貴も2位、7位でマシンの能力、仕上がりの良さを感じさせる。 2番手はルーベンス。 超久し振りにスポットライトの当たるポジション。 彼や是や有り過ぎたブラウン・メルセデスだが、行き成り此れかい!! 思わず肩入れして仕舞う。 3番手はトヨタのヤルノ。 ホンダ無き後の日の丸チームは矢張、気に為る。 この大不況の中、撤退しなかったトヨタの勇断に拍手。 何だか嬉しい、金曜日のオーダーだ。 ま、金曜日ですけどね…
Baku


posted by claris1 at 11:22| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。