2009年03月30日

アイアイラーメン@三越デパート

相変わらず、陽射しの割には寒い。 この調子だと週末には、染井吉野は満開には至らないだろう。 寧ろ、2,3分咲きの下、小生好みの宴が出来るかも知れない。
中々昼休みに伺えなかったのが、鹿児島のアイアイラーメン。 三越デパートの「鹿児島展」のイートインだ。 三越デパートは、其程頻繁には「物産展」を遣らない。 だが、鹿児島展は小生のオフィスが引越して来て以来2回目だ。 小生自身が鹿児島に所縁が有る所為か、鹿児島展と云うと心惹かれる。 余計な買物もしてしまう… アイアイラーメンは、鹿児島では名の通った御店(「愛される」の「アイ」だそうだ)だが、現地では本店に寄った事が無い。 で、今回は機会を狙って居たのだが、漸く実現。 地元には、「桜島大噴火」等と云う激辛の作品も有るそうだが、当然、東京に桜島は無い。 一押しは、「おごじょ潮ラーメン」の様だが、敢えて「おいどんが醤油ラーメン」を選択。 男ですから…いや、フォトを見ると潮には、トロロ昆布が乗って居る様なので、避けたのだ。 衝立の裏から、掛け声が聞こえて来る。 湯切りの際に皆が唱和するらしい。 此れは最近の傾向なのか、神田の仕来たり?に合わせたのか?? 「ホイっ、ホッイ」と多少控目乍、賑やかな事だ。
随分、クリアで透明感の高いスープ。 一口啜ると、直ぐに小生の好みに合う事が知れる。 豚骨かと思って居たが、全く違う正統派の醤油ラーメン。 いや、鶏ガラに豚骨も加えて居る見たいだな。 見た目以上に出汁が効いて居て、味は濃い。 流石、鹿児島だが、気持ちの良い濃さだ。 香ばしい風味は、大蒜チップを焦がして砕いた欠片から来る。 パリパリと喰感も良いが、結構、大蒜風味が残って居る。 午後の会議が少し心配。 この焦がし風味がスープと良くマッチして居る。 太めの蘖とメンマは、特筆モンでは無いが、小さなチャーシュウは、プチ焦げ風味で中々好みの味で、宜しいなぁ。 刻み葱にも適切な葱香が残り、麺と絡めるのが楽しい。 其の麺は、中太のストレート。 少しモチぃし、喉越しも悪く無い。 些か味のデザインが古めかしいが、悪く無い麺だ。 この作品は、スープがコアだ。 塩味もトライしたいのだが、「潮ラーメンをトロロ昆布抜きで」とか、御願い出来ると良いのだが、其れは次回、鹿児島に伺った時の御愉しみにしよう。 扨、ブレスケアを…
Baku


posted by claris1 at 00:07| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。