2009年04月26日

ラーメンゼロ

ユウタからこの店の店長に為ると連絡を貰ってから、伺えない時間が随分経って仕舞ったが、漸く目黒駅に降り立つ機会を作った。 何でも駅からは近くは無いらしい。 有名店だそうだが、ユウタが居なければ、まぁ、来ない店だ。 逆に云えば、有名な店の責任者とはユウタも出世したもので、其の晴れ姿を多少なりとも、見てやろうと云う次第。 其れにしても不便な場所だ。 雅叙園、目黒エンペラー(未だ有ったのね!)を過ぎて、こんなロケーションでも流行るのなら、余程美味いのか、って事だろう。 「せたがや」の御店は、環状線に面して居る事が多い様だが、ゼロも特に車で来る御客様を当てにして居る雰囲気は無い。 この夜は御近所の方が多い様に見受けた。
「店長」は、ちゃんと厨房で頑張って居た。 少しは風格が出たのか出ないのか、厨房での所作は板に付いて来た。 湯切りのスタイルもオリジナルが身に付いた様だ。 ビールは、プレモルの中瓶。 中々御目が高い。 気を遣って呉れた様で、御摘みを少々甘えて仕舞った。 少し甘めの味付けのチャーシュウは、ユニークな旨さが有る。
主麺は「ゼロ」と云う店名を名称にした作品を御願いした。 基本作品で有る事のは間違い無いだろう。 話には聞いて居たが、化学調味料は勿論、醤油や塩に至る迄、一切の調味料を使って居ないスープだそうだが、当に濃い目の出汁って印象のスープだ。 此処迄、徹底してやろうと云う意気込みと云うか、勇気が凄い。 幾つかの店を構えるグループならではの冒険だろう。 開店して9ヶ月経っても此だけの御客様を、このテイストで集めるのだから、大したものだ。 いや、大した御客様が多いと云う事なのかも知れない。 小生としては、珍しい一杯を頂いたと云うのが率直な感想で、凄く良いと云う程の感性を持ち合わせて居ない。 美味しくない訳では無いが、ラーメンらしく無さ過ぎるなぁ。 と、凡舌の小生で有る。 スープにばっかり気を取られて居て、北海道小麦で打たれた拘りの麺の記憶が淡い。 出汁味のスープとの相性が悪かった訳では無いが、麺の印象は薄い。 前述した様にチャーシュウは、興味深い味わいなのだが、矢張、スープにマッチさせたのだろう。 メンマは、穂先メンマと良く有るメンマの2種類が混在。 客波が引いたタイミングで、ユウタと話す時間も有ったし、見送りにも出て来て呉れた。 ん、やっぱり、様子見に来て良かった様だ。 其れにしても帰り道の上り坂のキツい事と云ったら、此以上、気温が上がったら、もう無理だな。 いや、此れ以上歳を取ったら…でも、有る。
Baku


posted by claris1 at 00:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。