2009年04月30日

今日の渦 其の214

24時間にも満たないGWの帰省と云う「義務」を果たして戻る娘と渦に向かう。 娘が渦に伺うのは、随分と久し振りだ。 GWの最初の祝日と云う客足の予測が付かない日。 普段よりも1本早い電車で、シャッターポール。 だが、開店時刻に来られた超常連さんと3人で営業開始。 満席に為る迄30分以上掛かったので、此れでも「空いて居る」のだろう。
厨房の上のステンレスの部分に「menya-bar-uzu.com」の文字が入った。 亦、随分、良い場所が有ったものだ。 あの瀟洒なホームページを多くの人に見て頂きたいと思う。 眷顧で無くとも、ラーメン屋さんのホームページでは、此れ以上のものを知らない。(はい、「知らない」だけです…(笑)) 渦のロゴシールを娘の携帯に貼って、晴れて渦徒の仲間入り。  ビールで乾杯。 早速、芳実オーナー御得意の「鵠沼味噌ポーク」を頂く。 うんまいっすよ、此れ! 味噌の味の加わり具合が絶妙。 I 御所様に是非、喰して頂きたい。 芳実オーナーは、「チャーシュウと玉子の他人丼」を御所様に用意して居るとか。 前回は失礼して仕舞ったので、リベンジの御招待をしなくては! 蚕豆なんぞを頂いてから、太平楽に切り替える。 しかし、娘が戻ってから、どんだけ飲んで居るんだ?? 「チャーシュウと温野菜のサラダ」、肉の旨味が塗されたキャベツが旨い。 GWでも水曜日に鶏が入荷したとの事で、腿肉のローストを追加。 酢橘と柚子胡椒で頂く。 ジューシーな肉のプリプリ感が最高だ。 やっぱり、普通の鶏肉ではダメで、地頭子(だったっけ?)で無いとこの旨味は出せないとの事。 多少高価だが、非常に美味。 メンマ何ぞで、太平楽のグラスを重ねる娘を促して、主麺を頂く。
小生が「塩」で、娘が「塩煮干」。 扨、どちらが「塩らぁめん」でしょうか? 正解は右ですね。 見た目は焦がし葱位の違いだが、スープの味は大違い。 娘のスープには、ガッツウ〜ンと効いてました、ハイ。 暫く休んで居た事も有って、塩らぁめんに肩入れしたく為るが、出来の良い塩スープだ。 ほんのりと表現したく為るが実は確りして居て、寧ろ甘味と一瞬感じる程の穏やかでハイソなソルト。 チャーシュウの旨味が其処に加わると至高の一杯。 麺も細身なのにスープの絡み具合も文句無し。 屹度、レナさん(髪切ったのね!)の手に依る葱も上手にカットされて居る。 うん、締めのらぁめんが旨くてこそ、アルコールや一品が適切なプロセスとして活きる… なぁんちゃって、麺無千鳥で帰る事も有るのにね。
娘と二人、満足して店を後にする。 今度、娘が来るのは何時に為るやら…
Baku


posted by claris1 at 00:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。