2009年05月24日

凪@渋谷 其の173

土曜日は、駒込NCSへ。 日曜日は、凪@渋谷(「NAS」だろうか、語呂も「ナツ」みたいで良いかも…(笑))へ。 夏さんのブログに「日曜は一人、切なくやってます」とか書かれては、慰問に伺わなければ為らない。
発表会が近いと大荷物で出掛ける奥さんをサポート?しつつ、湘南新宿ラインへ。 一寸、シャッターにしても早過ぎるんですが… 雨が振り続き、渋谷で時間を潰すのが難儀なので、WINS渋谷へ。 この日はオークス。 昔は競馬にも情熱を燃やしたのだが、最近はとんと足が向かない。 ブエナビスタは勝てるのだろうか。 ビスタねぇ…遅いんじゃないの(笑)
正午近くに為って、カミニートの前に至る。 外から厨房に居る夏さんに声を掛けると「もう、遣ってますよ」との事。 其れは有り難いと早速カウンターの奥に座って、夏さんの世界一のプレモルで乾杯。 おいおい、のっけから夏さんに勧めて良いのかい? 夏さんだから、OKっす。 「普通に有る」プレモルを更にもう一杯。 テーブルの辛蘖を頂いて居ると、夏さんからもミニモヤポンの差入。 此亦、有り難く… 流石に日曜日とは云え、昼間から焼酎は憚れて、「キクラゲラーメン」を作って頂く。 もう此れ以上の蘖はヤバイかも…って、事だ。 夏さんに温かい一杯を作って頂くのは久し振りかな。 前の日曜日は、焼きラーメンだけだったから… 先日、Mさんに造って頂いた時の様に「豚骨度」が小生の上限値にピッタリと収まって嬉しい。 此れ以上コンクに為ると、小生には厳しく為る。 木耳の細切が山盛に為って居る。 こんなに木耳を喰べたのは初めてかも知れないが、このキコキコした喰感は大好きだ。 うむ、堪能。 この木耳は、スープの濃い博多豚骨風味にマッチして居る。 麺は前日にNCSで玉蜀黍のネッちぃのを頂いて居るので、余計に撓やかに感じる細麺だ。 スープに少し唐辛子タレを加えた方が、この麺のスッキリ感をより感じる事が出来るのではないだろうか。 ライトな凪豚よりも博多豚骨味の方が、この唐辛子タレは更に相性が宜しくて、何れにせよ美味しい。 店内が慌ただしく為って来た処で、会計のタイミングを計って失礼して来た。 この日は「傘を忘れない様に…」と夏さんに云われたにも拘わらず、湘南新宿ラインに…明日は小田原駅迄行かなくては…嗚呼。 馬鹿じゃないだろうか…
Baku


posted by claris1 at 15:06| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。