2009年05月30日

今日のワイン 其の286

ニコレッロ ロエロ スペリオーレ ヴィーニャ・ポディオ
Nicolello/Roero Superiore Vigna Podio 1990
随分と久し振りにワイン友から連絡が有った。 丁度、大きなイベントを抱えたタイミングだったのだが、トラブル無く完了したので、いそいそと待ち合わせのビストロへ向う。
氏が取り出した1本目は、バローロでもバルバレスコでも無いが、ネッビオーロ100%のボトル。 90年と云うヴィンテージだが、抜栓して見るとコルクが如何にも新しい。 間違いなくリコルクされたものと思われるが、色相もライトで若い様相を呈して居る。 ブーケは野性味の有るベリー系の香りだ。 初口の酸味は香りから予想された通りのイメージだが、タンニンが淑やかなのに驚かされる。 ネッビオーロはタンニンが強い品種なのだが、長い期間の熟成(其れも大樽だそうだ)の結果なのだろう。 其れにしてもフレッシュで古酒とは思えない味わいだが、アダージョ様にゆっくりとした余韻の中には、其の積み重ねた星霜が潜んで居る。 伺うとリーズナブルなプライスでも有るので、何本か揃えて置ける方には「大人買い」を御勧めしたい。
Baku


posted by claris1 at 00:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。