2009年05月31日

西尾中華そば 其の18

土曜日の朝、早起きして前の週と全く同じパターンで上中里駅に降り立つ。 霧雨だが、旧古河庭園の北側の小路をS001を片手に、西尾中華そばに向かう。 土塁には可憐な花が、幾つか見付かるのだ。
丁度11時半に着くと既に暖簾が掛かって居り、御二人の御客様が、カウンターにいらっしゃる。 ビールを一杯頂いて居る内に見る見ると云う勢いでカウンターが埋まって行く。 厨房との出入口もカウンターに早変わり(ナイスアイデア)させて席を増やすも、とうとう行列に… 開店日以来の混雑だそうで、勿論、小生も直ぐに中華そばを頂く。
この日も亦一段と味の向上が窺える。 こうして、毎回ステップアップするのは凄い(スタート時点から美味かったのに、だ)。 流石は西尾さんだねぇ。 この日の味に至って、思い当たる。 このテイストなら、黒胡椒との相性は良い筈だ。 早速、一振り。 思った通り、小生の好きな味わいがスープの表面に広がる。 この醤油味は以前と比べて、甘味が隠し味的にジンワリと裏方に廻った印象だ。 勿論、裏方の重要性、コクを醸し出すのは此処からだが、他の味の要素が其れを巧みにフォローする。 そんなイメージ。 旨いと思うなぁ。
前日のラーメンショーでの「生田氏のラーメンが美味しかった」とちゃんと西尾さんに御伝えして(氏との御約束)、早々に店を出る。 繁盛結構、結構!
Baku


posted by claris1 at 00:42| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。