2009年06月28日

凪@渋谷 其の181

情けなくて、泣きそうだ。
そんな小生の気分に気を遣って呉れたのは、若いラーメンフリークの方。 大幅に年嵩の小生が其れに応えられない、そんな夜更けに二人で渋谷の坂を登る。 夏さんの顔を見る頃には、既に酔いも可也… なのに、中々を御願いして、ビールが不得手と云う彼に、此処のサントリービールは世界一だと、無理強いを。 厄介なオジサンに為って居る。 夏さんの御好意で、中々のボトルを空にした記憶だけは有る。
終電時刻が迫り、中々だけで引き揚げる… す、スミマセン。
渋谷駅で彼と別れ(御世話に為りました)、タイマーをセットしたのに大船駅で乗り換え損ねて、鎌倉駅で気が付く。 久し振りに、海鳴に顔を出そうか… いえ、もう午前1時ですから…
Baku


posted by claris1 at 01:44| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。