2009年07月05日

姫女苑(ヒメジョオン)

西尾さんの処で「ざる中華」を頂いての帰り道も上中里駅へのルートを選択。 旧白河庭園の外れの植物をゆっくり眺めて行きたかった。 先のアーティクルには、花に停まる白い蝶のフォトを載せた。 ピントも露出も適切で無い題材で恐縮だが、蝶は「雄の春型紋白蝶」と思われる。 「全体的に黄色掛って居て、前翅の紋が小さい」のが、雄の特徴だ。 一方で、春型と夏型の区別は難しい。 もう7月なので夏型の筈なのだが、やや小さいのに加えて、翅先端の黒い部分が少ないと云う特徴から、春型に見える。
では、白い花の名前は? 姫女苑と正解をされる方が多いと思う。 だが、松任谷由実さんやイルカさんの楽曲を御存知の方に「春紫苑では無いの?」と訊かれると窮するかも… 一番判り易い違いは蕾が上向か下向かだ。 姫が上、春が下だ。 糸の様に細い花弁の数は春紫苑の方が多い。 葉の付け根の部分にも違いが有るが、手折って見るともっと良く判る。 茎の中が空洞に為って居るのが春紫苑だ。 駒込には未だゞこんな楽しみが残って居る。
尚、春紫苑は「ハルジオン」で有り、「ハルジョオン」では無い。(ユーミンやイルカさんも間違っていましたっけ) 更に「苑」の字は簡略字体で、本来の字体は草冠の下にウ冠が重なり、「野草」を意味する。 本来なら、姫女苑も姫紫苑と為るべきだったのだろうが、明治の初めに北米から帰化した時には既に姫紫苑と云う名の植物が有ったので、姫女苑としたらしい。 当時は「柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)」の別名も有った様だが、現代の別名は「貧乏草」と酷い。 姫女苑は2年草だが、春紫苑は多年草…と違いも探せば、沢山有る。 姫女苑の花言葉は「素朴で清楚」。

濁流の 洲に残りたる 姫女苑     福田甲子雄

姫女苑 皿真つ白に 朝の卓      佳音   (livedoor ハイクブログ)

別名の「貧乏草」さえも夏の季語で有る一方で、春紫苑は春の季語には為って居ないのねぇ。
Baku


posted by claris1 at 01:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。