2009年07月05日

凪@渋谷 其の183

禁酒期間に入ると御酒の誘惑の強い場所は避ける様に為る。 筆頭は、渦、凪、其れにめじろと云った処だ。 其れでも、日曜日の御出掛序での凪@渋谷訪問は外せない。 普段の週末と同じ湘南新宿ラインで渋谷へ向かう。 降るや降らずの空模様の FILE 坂を登り、やっぱり正午少し前に到着。 この日は夏さんは御出掛で、Mさんが御一人で担当されて居る。 「人間ドック前」と云い訳をして、早速に「モヤシラーメン」を造って頂く。 ビールが無いと、なんか勝手が違うって気分だ。
この日もスープは、看板程には濃く感じない。 段々と小生がこの新しい豚骨濃度に馴染んで来たと云う事なのだろうか。 唐辛子ダレを溶き入れて、週に一度はこの豚骨スープを味わうのは必須行動だ。 此処の処、麺と絡めた時にスープの煮干をより鮮明に感じる様に為った。 凪@新宿G街の煮干スピリットが、渋谷にも流れ込んで来て居るのかも知れないなぁ。 で、黒胡椒を少々加えて見た。 渦の芳実オーナーに鎌倉ひなどり時代に教えて頂いた、この「中和策」は中々有効なので有る。 尤もスープを啜る時には然程には、煮干しを強くは感じない。
麺は相変わらず結構な細さで、スープに対峙するのが大変そうだが、この位のレベルで有れば、スープに負けずにコラボ出来る。 たっぷり蘖に木耳と嬉しいコンビも健在。 更に卓上のピリ辛蘖も一摘み加えて見た。 この一杯を確り頂いて、ホッとした気分を抱えて坂を下る。
Baku


posted by claris1 at 15:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。