2009年08月17日

青島食堂@秋葉原

前回振られた秋葉原の青島食堂。 新潟の有名店だそうだ。 行列も長いと聞いて居るので、未だ御盆休みの人も居そうなタイミングの月曜日の昼に秋葉原へ。 だが、待てよ…店自体が夏休みかも知れない。 そうで無くても「休みがち」な店なのだし… 恐る恐る覗き込むと良かった営業中だ。 正午を過ぎた処で、丁度ウェイティングの椅子が埋まると云う状況で、店外の行列は無し。
驚いた事にオペレーションは、女性が御一人! 如何にも御疲れの表情の小母様、或いは御姉様が全てひとりで切り盛り為さって居る。 此れは大変だ。 下膳は兎も角、洗い迄はとても手が廻らないので、コップや丼の数は相当用意されて居る様だ。 途中で券売機から警告音が出た時も、特に慌てた様子も無く、淡々とリカバリー操作をされて居たが… 喰券は、彼女がチラと見たら、御客さん自身でカウンターの箱に入れるのがルールの様だ。 小生の喰券には、「青島 チャーシュー」と書いて有る。 チャーシュウ増しの青島ラーメンは700円。 作品が登場して S001 を構えるが、フォトテイクの許可をちゃんと頂く。 液晶画面に映る一杯はクリアだが、随分濃い色に見える。 蓮華で啜るとトラディショナルな濃厚醤油味だ。 「栄屋ミルクホール」や「たいめいけん」とは亦違った古典的な味わいの一杯。 決して複雑では無い(と感じさせる巧さ?)し、濃い醤油味と生姜でコントラストの高いファーストインプレッション。 更に化調に依るインパクトが充分。 勢いで胃の腑に落ちて行く様な印象すら有る。 この御時世にこのダイレクションで勝負出来るのは、却って凄いと感じる。 普通に造って仕舞うと、この系統の味では集客出来る作品には為らない。 成程、評判を取るだけの理由は有るものなんだな。 途中で黒胡椒を振ったのだが、明らかに白胡椒の方がベターだ。 白胡椒にはミルとギャバンの両方が用意されて居た(黒はミルのみ)が、次回は此方を試して見たい。
麺は太くも細くも無いストレート。 そう風味高い麺では無いし、少し緩めに茹でて有るのだが、ツル/モチのバランスは悪く無い。 だが、この作品はスープが主役で麺はスープを味わう道具みたいな印象だ。 でも、何だか麺量は多いよね…
チャーシュウは、丁度、端の部分だったのかも知れないが、少し焦げ臭くて、寧ろ歓迎。 脂身が少なくてパサパサタイプなので、嫌いな人も少なくないかな。 小生はこのタイプのチャーシュウは割と好みなので、増量は正解。 メンマもスープに見合った濃い目の味付が施して有り、コリコリとした喰感と合わせて、割と嬉しく頂いた。 鳴門や菠薐草、海苔も古典的な作品には欠かせ無い。
Baku


posted by claris1 at 22:23| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。