2009年08月24日

F1 2009年 ヨーロッパGP 決勝

Felicitaciones Rubens!
予選は終わって見れば、マクラーレンのワンツー。 マクラーレンの開発力の速さは凄い。 今やブラウンやレッドブルを凌駕する勢いだ。 今回はレッドブルがやや精彩を欠く中、バレンシアでのファイナルは「シルバー vs ホワイト」の構図。
スタートでの出足の良さは矢張、KERS 組だ。 ルイスとヘイッキがかっ飛んで行った後、ルーベンスは何とか上がって来たキミを抑えて、トップ3のオーダーを崩させなかった。 このコースはモナコよりは抜けるとの触れ込みだったのだが、全くのガセ?で、結局、其後のコース上のオーバーテイクはひとつも無かった。(ジェンソンがシケイン不通過で得たポジションをマークに戻した事は有った) ルーベンスは1回目のPIで、ヘイッキを交わし、ルイスのピット作業のチョンボも有って、2回目のPIを終えた処で、トップに立つ。 勿論、ルーベンスのレーススピードも高かったが、あのマクラーレンのミスが無ければ、勝敗は微妙だったろう。
一方、ジェンソンもマークのピットのヘグリで前に出られたので、ポイント争いの優位を未だ保って居る。 今回の結果で、リーディングの2位にはルーベンスが上がる。 セバスチャン.Vは、7基目のエンジンがブローして仕舞い、残り6戦を1基のルノーエンジンで戦わなければ為らない羽目に。 今回もノーポイントで、天才もトラブルには勝てない。 此方は天才では無さそうだが、ニコには起きないトラブルが一貴にばっかり降り掛る。 今回も左リヤタイヤが見事にバーストした。 こんなにトラブル続きで無ければ、もう少し相方に近い成績を残せるだろうとは思うが…
余り書きたくは無いが、御粗末の極みだったのは、フェリペに代わってステアリングを握ったルカ・バドエル。 まぁ、タイム的には3秒も離されるだろうと思っては居たが、其れ以外の酷さが天こ盛りで、開いた口が塞がらない。 4度のピットレーンスピード違反(2009年から100キロに為ったと云うのに、だ)で到頭、戒告処分。 ピットレーンで意味も無く譲った挙句に白線を踏んで、ドライブスルーペナルティ。(此処で5回目のスピード違反を遣れば面白かったのにねぇ) 表沙汰に為らない「笑話」は枚挙に暇が無い、らしい。 フェラーリはフェリペは例外だが、余り自前でパイロットを育てないから、こんな事に為るんじゃないの? 今回もデイビットを乗せた方が未だ良かったと思うけどねぇ。 キミがクールに頑張って(てない?)ヘイッキの前でゴール。 暫くはフェラーリの全てがキミの双肩に掛る。 あ、ヘイッキもネルソン(ピケジュニア)見たいに干され無いように根性据えないと…って、小生に云われたくは無いやね。

パルクフェルメの手前で、全てのチームのスタッフがルーベンスのマシンを迎えて居た。 17年間色々なチームで過ごして来たルーベンスの人気の高さの賜だ。 マシンを降りたルーベンスは、フェリペの其れを模してカラーリングしたヘルメットトップをカメラに向ける。 其処には「Felipe - see you on track soon!」のメッセージが書かれて居た。 其のパルクフェルメでルーベンスを跳ねようとした(笑)ルイスのフォトも入れておこう。

美しいバレンシアのマリーナ・サーキット市街地コースは、橋が有ったり高速道路と並行(100キロ以上で高速道路を走る車が亀の歩みに見えるF1のスピードを改めて実感)したりと好きなサーキットだ。 だが、コースレイアウトには未だ問題も多い。 P2でフェルナンドとニックが派手に接触した原因のひとつにも挙げられ様。 亦、フェルナンドが居るにも拘わらず、観衆の少なさは誰の目にも明らかだ。 是非、このサーキットでの開催を続けて欲しいものなのだが… 開催と云えば、2010年の日本GPも鈴鹿で開催されることが正式に決まった様で、これは良いニュースだ。
Baku


posted by claris1 at 00:21| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。