2009年08月31日

F1 2009年 ベルギーGP 決勝

渦だ、凪だと呑み歩いて居るので、結局、日曜日の夕方にP1からクオリファイ迄、録画でチェック。 ファイナルや選挙速報の放送開始時刻が迫るので、3倍速で観戦。 音声は無音の部分をカットして、3倍速でも極力全ての音声を再生する様に工夫されて居るのだが、F1中継は終始大音量でエキゾーストサウンドが入るので、無音部分が無いと判断されて仕舞う。 ソフトの改良を望みたいって、無理かいな。
魂消たのだが、PPはジャンカルロ。 だが、燃料搭載量を勘案すると2番手に着けた、ヤルノに優勝の可能性が高いと踏んだ。 トヨタ悲願の初勝利か!?? 前回、涙の勝利のルーベンスは4番手だが、ジェンソンのマシンは可也奥に位置して居る。 此処の処、ジェンソンの走りからは覇気が伝わって来ない。 凡庸な表現だが、「守りの走り」で面白く無いのだ。 今回の予選結果もそんな感じだ。
ファイナルの波乱はスタート直後に起きた。 目を覆う程酷いルーベンスのスタートも有ってゴチャ付いた儘、各マシンが La Source に雪崩込む。 其先の5コーナーで多重クラッシュが発生し、ジェンソンも後から当てられて、マシンを降りる羽目に。 確かにジェンソンのドライビングに、此れと指摘する様なミスは見付けられなかったが、14番手なんてグリッドに甘んじて居るから、「事故を貰う」のだ。 ルイスも此処で消えて居る。 優勝の期待が高まって居たヤルノだが、前述の多重クラッシュの煽りでフロントノーズを交換せざるを得なく為り、行成圏外。。 
SCリリースの直後、KERS 使いのキミがジャンカルロを Kemmel で御手本の様に交わした(キミはオープニングラップで他車と接触が有ったのだが、大事無かった)のは、流石。 其後、ジャンカルロはズ〜〜っと、キミに離されずに(2回の同時ピットもほぼ同タイム)チェッカーを迎えたのだから、このタイミングでキミが前に出なければ、最終順位も違って居ただろう。 フェラーリの今期初優勝。 そう、臨時雇いの相棒がダメ過ぎるので、って訳でも無いのだろうが、アイスマンも頑張った。 パルクフェルメでは、珍しくウィニングポーズ。 ポディウムでは、何時もの様に飲む。(フォト) 前回はルーベンスが勝ち、今回はチームメイト。 フェリペは嬉しくも逸る気持を持て余して居る事だろう。
レース終盤でのトピックをふたつ。 3番手に上がったセバスチャン.V。 規定の数のエンジンを使って仕舞って居るのだから、労わって走れば良いのに、前の2台を追いに追う。 残りの周回数を考えれば、抑えて走っても、ガンガン行ってもポジションは変わらないよ、と考えるのが常識だし、賢いだろう。 だが、この状況でファステストを出す、セバスチャン.Vは好きだなぁ。(俺、監督じゃないから) ジェンソンとプチ揉めして居る?らしいが、今のジェンソンに不足して居るスピリッツが彼には有る。
もうひとつ、オイルを吹き上げ乍、最後迄ブローせずに走り切って7番手に入り、ブラウンGPの連続ポイント記録に貢献したルーベンス。 後続のニコは、堪ったもんじゃ無かったろうね。 フォトはスピードを落としたので、パルクフェルメ直前で火が着いた様子。
Baku


posted by claris1 at 00:45| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。