2009年08月31日

今日の渦 其の238

埜庵の欠氷を楽しみ、カクテルナイトの準備に渦に向かうMさんを見送った後、30分程時間を潰してから、渦のシャッター前へ。 この日は行列が出来るのが早いだろうと予想して、普段より15分も早く来たのに、既に3人の方が御待ちだ。 彼女達の御話を伺って居ると週末の行列は凄いと耳にしたから、との事。 其後の列の延び方は微妙な感じで、開店時刻でも未だ2,3席の余裕が有り、土曜日にしては珍しくラーメンだけで席を立たれる方もいらっしゃると云う感じ。 小さな男の子を連れた若い御夫妻。 行列に飽きて愚図る男の子を一生懸命にあやすのだが、彼の御機嫌は改善しない。 到頭、皆さんの迷惑に為るからと列を離れられた。 御父さんがポツリと、「ラーメン、喰べたかったなぁ…」。 見識有る御両親に育てられる男の子は、良いマナーを身に付ける事だろう。 埜庵の行列の中で其れを垣間見せたMさんの様に。
扨、この夜のカクテルナイトはテキーラのスペシャルで、テキーラベースのカクテルを揃えて居る。 同時開催の凪@渋谷のテキーラナイトとのタイアップ、とか。 欠氷を頂いた後なのでビールと云う気分では無いし、折角なのでテキーラのカクテルリストからピックアップしたのは、ブルーマルガリータ。 綺麗な色の液体がグラスに注がれる。 ワインのカラーは葡萄に依るが、カクテルのカラーはアイーティフィシャル。 最終的にはバーテンダー氏の技量に委ねられる。 この青色はカプリ島の「青の洞窟」(汚水を流されて観光が中断して居るらしい)を想い出させる。
チャーシュウ3種盛と共にもう一杯御願いしたのは、Mさんのオリジナルカクテルの「エクスタシー」。 何とも、タイムリーでアドホック、扇情的な名前の一杯。 カクテルグラスでは無くて、ショットグラスに注がれた一杯は「リスキーかも知れない」との触れ込み。 まぁ、司直の手をに掛かる様な事が無ければ、其れも亦、楽しめよう。 テキーラにサケと云うコンビネイションと踏んだが、扨? 尤も、この夜は後が控えて居るので、アルコールは打ち止めにして、早くも主麺を御願いする。 逆にこんなシチュエーションで無いと、渦でラーメンを頂かないかも知れないのだが(笑)。 最近のメニュー構成では、夜の部は煮干風味の和えそばがメインに据えられて居る。 渦の「煮干」は、小生でも楽しめる程に洗練されて居るのだが、敢えてこの夜は「葱油そば」を御願いした。 「鶏油そば」も考えたのだが、植物油の方を選択した次第。 芳実オーナーが、「久し振りですね」と造って下さった作品は、香ばしさがタップリで如何にも小生の好みの味わいだ。 勿論、「油そば」なのだから、オイリーなのは承知の上だ。 焦がして少し甘い感じに味付けされたチャーシュウが、香ばしさを引き立てる。 油タレに浸った麺は、やや平打ちの中太麺。 此がこのオイリーだが、切れの良いタレに浸されると其の組合せの妙に感心する。 そろそろ、葱の魔術師の称号を継承出来るんじゃないかしらん。
と云う処で、この夜はMさん御夫妻よりも早仕舞を御容赦頂いて、いざ、渋谷へ。
Baku


posted by claris1 at 00:51| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。