2009年09月01日

凪@渋谷 其の193

テキーラナイトの翌朝。 成程、宿酔の気配は、無い。 流石に本物のテキーラは違うと云う訳なのだろう。 渋谷駅隣接のホテルで、ウィークエンドも忙しいらしい娘を見送った後、多少厄介で急ぐオフィスの要件を片付ける為にホテルに居残り、VAIO Type-P に向かう。 メールボックスなんか開けて見るんじゃなかったと後悔頻りだ。 このホテルのLANは有線接続だけだが、このPCは無線LANしか付いて居ない(アダプタなんか持ち歩けない)ので、EMONE でダイヤルアップ。 …ってな事を遣って居ると、直ぐに昼喰の時刻に為る。
扨、昼喰は…って、考える迄も無く、先刻降りて来た FILE 坂を再び引き返す様に登る。 台風接近とかで行成の驟雨に5分間の雨宿り。 丁度、正午に着くと夏さんが暖簾を掛けて居るタイミング。 ホールにはMさんが、「未だ」いらっしゃる。 「皆、生きてるぅ?」とカウンターの奥のTVの前に。 おぉ、ちゃんと椅子が戻って来て居る。 伺えば、結局、スタッフが店を出たのは、午前4時過ぎだったとか。 御疲れ様です。 新宿組の生田氏と牟田さん、バンちゃんは無事だろうか?
んでも、呑むんかいとビールを御願いして仕舞う。 御客様が立て込んで来ると、Mさんは要時サポートみたいな感じでヘルプに入る。 で、夏さんひとりで捌ける様に為ったタイミングで、2杯目はMさんと乾杯。 夏さんは… 結構忙しくて、無理みたい。 でも、木耳炒めを差し入れて頂いて仕舞った。 うん、このややホットで香ばしい味付けは、ビールに最適だ。 前の週に5時間の最長不倒記録を樹立したばかりなので、この日は90分を過ぎたタイミングで、夏さんに「モヤシラーメン」を御願いする。 Mさん謹製の唐辛子のタレを加えて、濃厚度合を以前の凪豚骨程度にアジャストして下さったスープに落とすと、小生の一番好きな豚骨テイストに為る。 このスープには矢張、この細麺の固茹が一番合う様に思う。 何だか5時間為らぬ、12時間も居たような不思議な気分で外に出ると曇り空でも眩しい錯覚。 台風の雨が止んだタイミングにもう一度、渋谷駅の新南口へと駆け込む。 朝帰りすら儘為らなかったなぁ。
Baku


posted by claris1 at 05:30| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。