2009年09月30日

燦燦斗@東十条 其の52

もう9月も晦日を迎えて、2009年も3ヶ月を残すだけに為った。
秋霖の日々で暫く青空は望めないだろう。 そんな日に東十条へ。 少しは混雑時を外したので、行列は無し。 だが、直ぐに何人かが扉の外で待つ状況に為る。 皆さん、「外した心算」で来られる様で、閉店時刻が迫るに連れて、亦、混んで来ると云う不思議さだ。
頂いたのは前週末に引き続いてラーメン。 つけ麺のボリュームが一寸しんどい気分だったと云う事情も有る。
インパクトは充分なのに優しい味わいは、御主人のキャラが其儘、表現されて居るのかも知れない。 魚介豚骨に節香、この完成されたスープに自家製の極太麺。 プリプリした歯応、喰感、そして風味。 麺も亦完成度が高い。 其処にあのローストチャーシュウが乗るのだから、雨が降ろうと、行列が有ろうが、皆さん集まって来られる訳だ。 完成度が高いので、もう記す文章も尽きた感が有る。
Baku


posted by claris1 at 23:41| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。