2009年10月10日

ぽっぽっ屋@小伝馬町 20回目

正午迄30分と云うタイミングに会議が終わる。
其儘、昼喰と云う話に為ったのだが、所用で後輩諸兄とは別れて、序に小伝馬町迄歩く。 気持ちの良い天気と気温で、先日、汗水漬くで歩いたのが嘘の様に快適だ。 昼前に到着したのだが、既に満席とは流石は「ぽっぽっ屋」。 此処は何時もラーメンで、つけ麺や油そば等は余り気が向かない。 所謂「二郎系」では、ぽっぽっ屋が一番好きだ。 …って、神田の「元二郎」と此処しか知らないので、片腹痛いと云われそうだ。
小生が知る限り、並盛で一番背が高いのが、この一杯。 刻玉葱と蘖で高さを稼いで居る。 勿論、本家二郎の比では無いのだろうが。 「ますたに」とは亦違う、不思議な美味さたっぷりの作品だが、基本的には野菜の甘さの程度が適切な豚骨仕様。 極太の麺は、噛み心地が良くて、風味も極めて高い。 このスープとのコラボがB級グルメの真骨頂。 矢張、美味い。 チャーシュウや木耳に評価ポイントは見付からないのだが、トータルのポイントは高い。
Baku


posted by claris1 at 10:10| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。