2009年10月10日

今日のワイン 其の319

ファルネーゼ カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツオ
FARNESE Casale Vecchio Montepulciano d'Abruzzo 2007
くし亭の後、娘と二人で2次会に選んだのは、横浜駅近くの「トラットリア コンソラーレ」。 残念乍、「REAL」は予約で一杯との事で、程近い此方へ移動して来た。 以前にも、レ・クーポレ テヌータ ディ トリノーロ等を頂いたが、其時も義母絡みのイベントだった様な。
其処で頂いたのが、「カサーレ ヴェッキオ モンテプルチャーノ ダブルッツオ」。 漫画を全巻、大人買いしたと云う娘のチョイス。 当然、其方からの知識と云う事だ。 ファルネーゼは1994年の設立。 このボトルは「イタリアのモン・ペラ」だそうだが、モン・ペラも原作者殿の肝煎だった筈で手前味噌なのかも(笑)と訝り乍、テイスティング。
モンテプルチャーノ ダブルッツォなのだからとの予想通り、カラーは濃く深い。 ブーケも亦、ブルーベリーや無花果にバニラ(フレンチオークの樽香だろうか?)が綯い交ぜに為り、迫力を持って立ち上って来る。 味わいも凝縮感タップリ為れど、タンニンが柔らかいので、この濃度にしては飲み易く、此れも亦、夏ワインのイメージが有る。 フランボワーズやオレンジのフルーティな甘味がそう感じさせる様だが、もう少し酸味が被ると更に良いかも。 でも、ヘヴィー級大好きの親娘は、パカパカ飲むのでした。
イタリアの雑誌、「ルカ・マローニ」で3年連続トップを飾る等、評判も上々で、漫画だけの評価では無い様でした。
Baku


posted by claris1 at 18:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。