2009年10月30日

凪@大つけ麺博 其の207

この日から大つけ麺博も第2陣のスタート。
凪も参戦で有る。 混雑を避けて、夕方に遣って来た。 日比谷駅のA5出口へのアプローチもすっかり慣れた。 大体、第1陣の時と同じ位の人出だが、予想通り「とみ田」の圧勝と云う感じの行列の長さだ。 続くのが「大勝軒」。 凪のブースは最も南東に位置する。 遠くからでも生田大将の呼び声が聞こえる。 声の大きさなら、間違い無く一番だ。 プレハブの厨房には牟田さんや夏さんの姿も見える。 凪は妙に回転が良くて、10名程の行列に並んだら、フォトテイクする間も無く順番が廻って来た。 「貴方には喰べられないよぉ(笑)」(煮干が凄くて)と脅かされ乍、渡されたトレイからは紛う事の無い煮干香りが立ち上る。 「煮干キング」、略して「ニボキン」。 流石だ…
確かに凄い煮干濃度でスープを飲み干すのは難しいが、太縮麺を浸して頂く分には、ナントカ… 其れにしても、豪快と云うか殺風景と云うべきかは、この1枚の乗り海苔、ボンと乗って居ます(笑)。 このスープに入って居るチャーシュウが意外に旨い。 煮干スープを吸って居ても、だ。 或いは小生の気分の所為なのかも知れないが、こんなチャーシュウ好きなんです、ハイ。
生田氏、牟田さんに声を掛けて、日比谷パティオ(誰だ小生に「マルシェ」と教えた奴は?)を後にしたが、次回は生田大将に見付から無い様にコソコソと「とみ田」の行列に並んで見ようかしらん。
Baku


posted by claris1 at 23:38| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。