2009年10月31日

大ふく屋@御徒町 初回

10月ももう終わろうかと云う金曜日。 この日開店の大ふく屋の上野店にユウタを訪ねる。 店長に就任したのかと思ったら、もっと偉い?そうで、出世姿を見て遣ろうと云う事だ。 然ぞや混むんだろうと、喰事の時刻を外して遣って来たのだが… 丁度、大行列が捌けた処だそうで、直ぐにユウタの目の前(偶々だが)のカウンターに通して頂く。 購入した喰券は、最もライトな「中華そば」。 この店オリジナルの「野郎ラーメン」と呼ばれる二郎リスペクトはボリュームが凄い見たいだし、「重厚中華そば」や「重厚つけそば」は更に煮干が強いとスタッフの方に教わって、此に落ち着いた。 スタッフの応対は多少不慣れな感じ(初日だもんね)だが、丁寧だ。 奥には前島社長の姿も見えるので、緊張感もタップリだ。 社長には「先日は…」と御挨拶。
ユウタは麺上げを担当し乍、店長さんや他の方々にアドバイスをして居る。 中々頼もしく為ったものだ。 もう御ひと方、スタッフにアドバイスする立場の方がいらっしゃるが、「指導」の声が大き過ぎる。 客席に「指導内容」が丸聞こえなのは如何なものだろうか。 其の点、ユウタは良く弁えて居る様だ。
何時もハンカチを首にぶら提げる小生には、紙エプロンのサービスが有るのは有り難い。 一寸探すのが大変そうだったが(笑)…
扨、普通盛(大盛も同じ値段)で御願いした「中華そば」は、予想よりもずっと美味しかった。 スープは多少煮干香が強く、何処か既製品の様なテイストなのだが、黒胡椒を加えて頂くと引き締まって悪く無い。 麺はユウタが上げて呉れたから、と云う訳では無いのだろうが、パキパキと良い感じだ。 此は小生が好きな麺のタイプだ。 チャーシュウが、ボソッとして居る割にサクサクで、此も好きな味わいだ。 何かが飛び抜けて秀でて居ると云う訳では無いが、全体で捉えると中々纏まりの有る優れた作品だと思う。
Baku


posted by claris1 at 00:14| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。