2009年12月27日

今日のワイン 其の353

ドメーヌ・ルウ・フレジョウ シャトー ヌフ・デュ・パフ
Domaine Lou Frejau Chateauneuf-du-Pape Rouge 2004
急用で大阪へ。 帰京の新幹線の時刻迄、間が有ったので、麺友のマリーさんに連絡。 急な話だったのに都合を付けて下さった。 一寸、行き違いでバタバタした後に、大阪駅付近のイタリアン、「アンシャンテ」。 流石に大阪を拠点にして2年、昼夜、公私を分かたず活躍中の彼女らしい雰囲気の有る御店だ。 因みに店名は「喰卓では歳を取らない」と云う諺だとか。 イタリア人は上手い事を仰る。 ワインの品揃は多くは無いが、其々のプライスレンジで良いボトルを揃えて居る。 其れだけにイタリアに拘って居る訳では無いようだ。 プライスは立地を考慮すれば、止むを得ない処だろう。
そんな中で選んだのは、コート・デュ・ローヌのヌフ・デュ・パフ、ルウ・フレジョウ。 渦でコート・デュ・ローヌばかり飲むので、この柔らかい口当たりが好きに為ったのかも知れない。 カラーは少し老成感が出て居るクリアなガーネットレッド。 大人しい乍も、レッドベリーの香りが心地良い。 味わいも押し付けがましい処が無い。 やや強めのスパイシーな印象は早い時間で収まり、如何にもコート・デュ・ローヌのグルナッシュらしいソフトタッチで、速いピッチで飲み進んで仕舞う。 この果実感とタンニンのバランスが好きだ。 セパージュはグルナッシュが7割を占め、ムールヴェードル、シラー… 未だ有りそうだ。
2004年は誉められた年では無いが、マリーさんが相手をして下されば、此れに勝るシチュエーションは無い。
Baku


posted by claris1 at 23:58| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。