2009年12月29日

今日の渦 其の267

2009年の最後の超ショート帰省した娘の主目的は、本鵠沼の駅前の美容院。
意外に早く終わったので、渦の昼営業に間に合う時刻。 で、久し振りに親子3人で伺う。 13時を廻ったタイミングだが、実にラッキータイミングで、待たずにカウンターに並んで腰掛ける。 「御久し振りです…」 と、娘。 後客沢山で、扉の外には数名の行列が発生。
父が御願いしたのが「乱」、じゃなかった、「ピリ辛醤油」。 娘が「塩の炙りチャーシュウメン」、そして母が「味噌のハーフ」と嫌がらせの様にバラけた。
久し振りに頂く、「醤油ピリ辛」。 辛さはそんなに強く無いのだが、巧みに何処かに甘さが隠して有り、其れで辛さを浮かび上がらせる、そんな手管が施されて居る。 だから、不思議に辛く、そして密かに甘い。 たっぷりの水菜と糸唐辛子が乗り、焦葱等が其の下に浮いて居る。 この香ばしさが結構、効いて居るのだ。 チャーシュウは柔らかく、優しい甘さが少々付けて有り、当てで頂く其れとは明らかに別物。 ピリ辛醤油に不思議にマッチするチャーシュウだ。 麺は少し柔らか目に茹でた細麺。 濃いスープの場合は固目よりも、普通の茹で加減が合うのだと思う。 久し振りに頂いたが、相変わらず、旨いね。
娘の炙りチャーシュウメンは、丼中、チャーシュウ(笑)状態。 奥さんの評も「やっぱり、渦の味噌ラーメンは美味しい」との事でした。
Baku


posted by claris1 at 14:33| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。