2009年12月31日

凪@渋谷 其の213

この日は、夏さんが「雑煮麺」を造られるとの事。
NCSの高級西中と同じ日の同じ時刻で提饗とは罪な事を為さる。 NCS近辺でも、「此から渋谷」と云う、凪族の呟きが漣の様に広がって居た。 NCSで御一緒して下さったNさんが付き合って下さると仰るので、有り難く道中を過ごす。 前回の夏さんスペシャルはどうしても時間の都合を付けられずに涙を飲んだので、今回は是が非でもと云う次第。
夏さん、ミィさんともう御一方、スタッフが加わった。 ダンサーと伺ったが、確かにスマートですね。 NCSで頂かなかったビールでNさんと乾杯。 NCSから時間を空けずに遣って来られた連喰組は、当座は2名のみだが、何れ徒党を組んで押し寄せる事で有ろう。 其前に頂こうと、夏さんに「御雑煮」を御願いする。
てっきり、醤油ベースのスープかと思って居たが、鶏が香る塩のスープ。 煮干や昆布の風味に三つ葉、椎茸、紅白の蒲鉾等が加わる。 塩のスープの優しいしょっぱさが小気味良い。 スライスした人参とか…えーと、未だ色々と潜んで居たのだが…其等が皆、御正月を歌う。 スープと具材とのハーモニーが、秀逸だ。 そう云えば、BGMも琴の音が掛かる。 決め具材は、「ライフ」の餅と夏さんのブログに有ったが、此で雑煮が極まった。 軽く焦目の付いた御餅の裏には細麺が付着して居る。 其れを剥がすと麺跡が付いて居て、面白い。 決して際物では無くて、キチンと美味しい。 当然、完喰。 我家の御雑煮として、出張して造って下さらないかしらん。
Baku


posted by claris1 at 00:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。