2009年07月07日

あら田@有楽町

この晴間が夜迄保ちます様にと、子供達が願う七夕の昼休みに有楽町迄足を延ばした。 「あら田・一茎草」。 「あの」田中玄さんが絡む一茎草が三ノ輪の店から手を引いて、この名称で日比谷は帝国ホテルの前に遣って来た。 荒木さんと田中さんがタイアップして、「あら田」らしいが、夜は創作料理の店で、昼間がラーメン屋さんと云う戦略。 更に、昼間も1階と2階は別建の様で、玄さんプロデュースの作品は、2階で提供される。(レジは共通で1階に有る) 呼び込みの御兄さんに誘われる迄も無く、ビルに入ると玄さん御本人が、携帯電話に何かを熱心に打ち込んで居る姿が目に入る。 厨房にはいらっしゃらないのね… 黒服の御兄さんに「つけ麺?、ラーメン…?」と問われたので、「玄菜麺」と答えると、復唱の後に2回に先導して呉れた。 夜は「料理店」と云うだけ有って、ラーメン店としては少し高級香のする椅子やコップだが、ショバ代も高い(インペリアルホテルの前だもん)のだろう、玄菜麺は980円! ラーメン1杯で、漱石先生1枚が飛ぶ。 三ノ輪の時は850円だったんじゃなかったっけ?
だが、頂いた一杯は非常に美味かった。 三ノ輪で最初に玄菜麺を頂いた時の感動が蘇ったが、其時よりも更に美味いと思った。 清冽で凄烈なスープ。 複雑な多種の野菜の旨味が濃く為り過ぎず、淡く為らずに上質の薄口醤油に染み込んで、深い味わいに変貌して広がる。 パンフレットにも謳われて居るが、化学調味料は勿論、一切の動物由来の材料を使わずに、この味わいを実現させたのは、正直、凄いと思う。 麺は「おから麺」だそうで、パンフレットには「つるつる」と表現されて居るが、そう云う喰感とは違う。 小麦粉の比率をどれ程、落として居るのかは不明だが、少しボソっとした印象の有る麺だ。 粉っぽいと云うのとも違うが、このスープに不思議に合う灰色掛かった面白い麺だ。 其の麺の上に乗る手の込んだ野菜は、以下の通り。
ヘアライン状に迄細く細かくした揚げ牛蒡。 中々風味が良くて喰感も悪くない。 焦がし葱は香ばしいだけで無く、葱自体の風味も活きて居る。 白髪葱には細くスライスした人参が絡み、見た目にも麗しい。 更に、豊富な水菜、菠薐草、蘖等のシャキシャキした歯応えが楽しめる。 揚蓮根は、香ばしさと喰感の極め付け見たいに嬉しい存在。 スープに本の少し浮いて居る油は、此等の揚げ野菜から僅かに漏れて来た分だけだ。 尤もヘルシーなラーメンと云って間違いないだろう。 そして、この深くて玄妙な味わいを実現した処は喝采ものだ。 兎角の風評も少なくない玄さんだが、其の実力を再度認識させられた格好だ。
Baku


posted by claris1 at 23:28| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

赤地利蕎麦 (しゃくちりそば)

西尾中華そばの「近傍野草シリーズ」(!?)2回目は、「赤地利蕎麦」。
姫女苑からそう遠くない場所に早くも咲いて居た。 植物図鑑等では開花時期が9月から11月と記されて居るが、昨今では7月に咲き始めるのも珍しくは無いらしい。 元々はチベット辺りに自生して居た(ヒマラヤソバの別名が有る)ものを昭和初期に輸入して、小石川植物園で栽培して居た株が、野生化したそうだ。 尤も昭和30年代の各地に於ける栽培目的は喰用では無く、高血圧に効くルチン(種子での含有比率が7%と云うから、韃靼蕎麦の4%より高い)を取る薬草としてだった。
其れにしても「赤地利(しゃくちり)」とは妙な名前だが、我が敬愛する牧野富太郎先生は、「本草綱目」の「赤地利」がこの草木だと断ぜられていらっしゃる。 「赤地利」は、この塊茎を日干しにした解毒生薬の中国名(植物名は「金蕎麥:jinqiaomai」)で有り、其れを日本語読みして「しゃくちり」とした。 根と云えば、喰用の蕎麦が1年草なのに対して、赤地利蕎麦は宿根の多年草で有る。 其故、「宿根蕎麦」の別名も有る。 赤地利蕎麦は、喰用蕎麦や韃靼蕎麦の祖先とも云われて居る様だ。
赤地利蕎麦の花は、雄蕊先端の赤紫色の葯と黄色の蜜腺、其れに花弁の様に見える萼片の白のコントラストが美しいのだが、フォトの葯は未だ色付いて居ない。 喰用の蕎麦もそうなのだが、此等の蕎麦植物は、タデ科のソバ属にカテゴライズされる。 「蓼喰う虫も好き好き」の蓼は、タデ科でもタデ属を指すのだが、蕎麦もまぁ、其れに近い物が無いでもないかも。 中華そばを喰べての帰り道なんだから、蕎麦の花の話も悪く無い。

蕎麦はまだ 花でもてなす 山路かな     芭蕉

Baku
posted by claris1 at 19:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

凪@新宿G街 其の184

「西尾さんの処に行かれるんですか?」とMさん。 「いや、今日はバンちゃんの顔を見て行くよ…」 凪の渋谷店から新宿店へ。 この日は副都心線では無く、山手線で向かう。 副都心線の新宿3丁目から、花園神社の出口迄の殺風景な地下通路は、余り通りたく無いので有る。
新宿G街店の日曜日は、バンタムさんひとりのオペレーションと伺って居る。 彼が「津軽ラーメン街道」から戻って来て以来、1回しかゴールデン街の御店に伺って居ないので、気に為って居たのだ。 煮干風味は苦手だが、陣中見舞を怠っては為らない。 昼間の明るさに仇を為す様に電飾看板が輝く一方で、扉が閉まって居ると開けるのに小生でも少し勇気が要る。 藤沢時代のめじろの様だ。 其の向こうに有るのが急傾斜の階段… 中々、ハードルが高いかも(笑)。 (こう云う時に「敷居が高い」と表現するのは、適切ではない)
前客3、後客6と云う状況で、思った通りバンタムさんが孤軍奮闘。 日曜日は特に御客様の波が読めないとの事だが、日曜日の昼間にゴールデン街で営業して居る店が他に無い状況で、そりゃあ難しいわな。 店内には、強い煮干香が漂う。 壁に「魚嫌いは帰れ」(そんなに過激では無いが)みたいな貼紙の有る御店の券売機で、何の喰券を買おうかと悩む。 結論はつけ麺。 300gは難しいので、バンタムさんに200gでと御願いする。 「一反も麺」は3枚で良いか、との問いに2枚と「全て2/3」のボリュームでリクエスト。 青森の方言が書かれた暖簾を肴に五所川原の思い出話を聞かせて頂く。 屹度この激烈な店長経験が直ぐに役立つ時が来るのだろう。 凪の新店開店計画は着々と進んで居る様なので、其れも亦、楽しみな事で有る。
頂いたつけ麺の量に鼻白んだが、丼には水切が敷いて有ったのだ。 あー、吃驚した。 スープにはミルから黒胡椒を不断に投入して、煮干を中和して頂く。 大き目にカットされた葱を浮かべた少し甘さの有るスープには、小さなチャーシュウが潜んで居る。 「一反も麺」を乗せた太目の縮麺を直喰いしたり、スープに漬けたりして頂く。 200gのボリュームでやっぱり正解だった。
階段を登って来られる足音が増えて来たので、腰を上げる。 バンタムさんは未だゞ、12時間以上もひとりで切り盛りしなければ為らない。 其れは相当に厳しそうだ… 亦、来ますね。 そうそう、先日、天海祐希さん主演のTVドラマを観て居た奥さんが、凪@新宿G街が映って居ると云うので、キャプチャーした画像を貼っておこう。 別にどうって事の無い絵だが、渦のゲストバーテンダーのMさんからも教えて頂いたので、其の記念に…
Baku
posted by claris1 at 15:56| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

凪@渋谷 其の183

禁酒期間に入ると御酒の誘惑の強い場所は避ける様に為る。 筆頭は、渦、凪、其れにめじろと云った処だ。 其れでも、日曜日の御出掛序での凪@渋谷訪問は外せない。 普段の週末と同じ湘南新宿ラインで渋谷へ向かう。 降るや降らずの空模様の FILE 坂を登り、やっぱり正午少し前に到着。 この日は夏さんは御出掛で、Mさんが御一人で担当されて居る。 「人間ドック前」と云い訳をして、早速に「モヤシラーメン」を造って頂く。 ビールが無いと、なんか勝手が違うって気分だ。
この日もスープは、看板程には濃く感じない。 段々と小生がこの新しい豚骨濃度に馴染んで来たと云う事なのだろうか。 唐辛子ダレを溶き入れて、週に一度はこの豚骨スープを味わうのは必須行動だ。 此処の処、麺と絡めた時にスープの煮干をより鮮明に感じる様に為った。 凪@新宿G街の煮干スピリットが、渋谷にも流れ込んで来て居るのかも知れないなぁ。 で、黒胡椒を少々加えて見た。 渦の芳実オーナーに鎌倉ひなどり時代に教えて頂いた、この「中和策」は中々有効なので有る。 尤もスープを啜る時には然程には、煮干しを強くは感じない。
麺は相変わらず結構な細さで、スープに対峙するのが大変そうだが、この位のレベルで有れば、スープに負けずにコラボ出来る。 たっぷり蘖に木耳と嬉しいコンビも健在。 更に卓上のピリ辛蘖も一摘み加えて見た。 この一杯を確り頂いて、ホッとした気分を抱えて坂を下る。
Baku
posted by claris1 at 15:29| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姫女苑(ヒメジョオン)

西尾さんの処で「ざる中華」を頂いての帰り道も上中里駅へのルートを選択。 旧白河庭園の外れの植物をゆっくり眺めて行きたかった。 先のアーティクルには、花に停まる白い蝶のフォトを載せた。 ピントも露出も適切で無い題材で恐縮だが、蝶は「雄の春型紋白蝶」と思われる。 「全体的に黄色掛って居て、前翅の紋が小さい」のが、雄の特徴だ。 一方で、春型と夏型の区別は難しい。 もう7月なので夏型の筈なのだが、やや小さいのに加えて、翅先端の黒い部分が少ないと云う特徴から、春型に見える。
では、白い花の名前は? 姫女苑と正解をされる方が多いと思う。 だが、松任谷由実さんやイルカさんの楽曲を御存知の方に「春紫苑では無いの?」と訊かれると窮するかも… 一番判り易い違いは蕾が上向か下向かだ。 姫が上、春が下だ。 糸の様に細い花弁の数は春紫苑の方が多い。 葉の付け根の部分にも違いが有るが、手折って見るともっと良く判る。 茎の中が空洞に為って居るのが春紫苑だ。 駒込には未だゞこんな楽しみが残って居る。
尚、春紫苑は「ハルジオン」で有り、「ハルジョオン」では無い。(ユーミンやイルカさんも間違っていましたっけ) 更に「苑」の字は簡略字体で、本来の字体は草冠の下にウ冠が重なり、「野草」を意味する。 本来なら、姫女苑も姫紫苑と為るべきだったのだろうが、明治の初めに北米から帰化した時には既に姫紫苑と云う名の植物が有ったので、姫女苑としたらしい。 当時は「柳葉姫菊(やなぎばひめぎく)」の別名も有った様だが、現代の別名は「貧乏草」と酷い。 姫女苑は2年草だが、春紫苑は多年草…と違いも探せば、沢山有る。 姫女苑の花言葉は「素朴で清楚」。

濁流の 洲に残りたる 姫女苑     福田甲子雄

姫女苑 皿真つ白に 朝の卓      佳音   (livedoor ハイクブログ)

別名の「貧乏草」さえも夏の季語で有る一方で、春紫苑は春の季語には為って居ないのねぇ。
Baku
posted by claris1 at 01:18| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

西尾中華そば 其の30

酒呑の所為か歯医者の麻酔が効き難いばかりでなく、切れるのも早い。 「麻酔、切れて来たみたいなんですけど…」、「あらぁ、其れじゃあ、早く蓋しましょう」  うーん、ま、良いか。 そんな歯を抱えて、湘南新宿ラインに乗り込む。 以前なら、車内では UQWiMAX のサービスエリアの拡大状況を確認したものだが、今は EMONE が相変わらず無線WANのモデムとしても活躍して居る。 UQWiMAX は7月から正式サービスと為ったのだが、相変わらず、所謂「穴」が多過ぎるし、都心で有ってもビルの屋内では、窓際族専用状態(ま、小生的にはOK?)なので、一旦解約した。 繋がれば速いのは認めるので、サービスエリアの問題が解消したら、再契約しよう。 其為にモニターで使用した機器を返却しなくても済む様に、7月1日に解約した。 日割の使用料も発生しない様にとの策だったが、結構、セコかったかな。
この時刻の電車では、とても西尾中華そばのシャッターには間には合わない。 混雑のピークタイムに到着するよりは… と、上中里駅からの遠廻りルートで霜降商店街に向かう。 梅雨空が続くが、この日は一寸だけ雲が薄い。 そんな中を御気に入りの途を散策がてら、歩くのは悪く無い。 駒込駅からの商店街ルートにも別な面白さが有るので、西尾さんは良い場所を選んで下さった。
扨、13時を廻ってから到着。 地元カップルが御待ちの満席状態。 10分程待って、3人で並んでカウンターへ。 可愛い奥様が、小生のグラスにも水を注いで渡して下さる。 良い街には素敵な御婦人が御住いだ。 この日は御客様の「波」が際立って居るそうで、小生の伺ったタイミングは第3波。 常に2,3人の方が御待ちと云う状況。 適度な行列は、「繁盛アピール」に為って良いと思う。 この位の「待ち」は屹度、更なる御客様を呼び込んで呉れる筈だ。 西尾さんは大忙しだけど、ね。 丁度、Mr. Tequila のHさんファミリーと御一緒出来た。 そう云えば、西尾さんのブログでアナウンスが有ったが、前日の途中から玉蜀黍麺に配合されて居る「マサ」の配合が、輸入の都合で此迄の物と当面の代替の物とのミックスに為ったとの事。 だが、西尾さんの仰る様に殆ど区別が付かない。 この日は「ざる中華」と云う麺のテイストが最も良く判るつけ麺の作品をチョイス(馬鹿中華の順番は何時になる?)したにも拘わらず、だ。 寧ろ、香ばしい風味は高く為った様にすら思える。 西尾さんはこの日の麺が少し緩かったのでは、と心配されて居たが、「そう問われれば…」と云う程度の事で、問題に為らない。 小生はこの麺は本気で好きで、丼に盛られた麺を全部、直喰いしたい。 「ざる中華」に御勧めは七味唐辛子だが、スープを考えないと、山葵醤油なんかで頂くのも嬉しいかも知れない。 本当に半分位の麺は、直喰いして了った。 喰感を楽しむと云う事も勿論有るが、其れよりも味な麺なので有る。 この日は七味唐辛子は使わなかったが、其の分、麺の持つ本来のテイストだけをピュアに味わえた。 勿論、スープも存分に美味い。 鴨南蛮為らぬ、豚南蛮の面持ちだが、中華そばとは全く違う美味さだ。 少しだけエスニックな香りの隠し風味が濃い口醤油の中に溶け込んで、上々の美味さ。 つけ麺のスープだから濃くて当然なのだが、不思議な事に初口は、少し薄い位に感じる。 表面に敷かれた油分の所為、とも思えないのだが… いや、其れがイケナイとか云う話では無くて、不思議だと云う事。 この日もスープは割らずに、濃い儘でグビグビと頂く。 麺の直喰いと合わせて、癖に為りそうだ。 変な喰べ方をして申し訳ないです。 御待ちの方が2名だったので、小生の御隣の方が喰べ終わるタイミングを計って、席を空ける。 いやぁ、この一杯には、片道130分(遠廻ルートに散策時間をプラス)の価値が有る。禁酒期間突入前の最後のビールを頂いたのは、西尾さんの処だったが、この日は当然、ビールは我慢。 う〜ん、4日目にして早くも辛い。 翌日、夏さんの処に伺うのは、拷問に近いな(笑)。 帰り道も梅雨雲に遠慮し乍、顔を覗かせた御日様と会話をし乍、旧古河庭園の草花に S001 を向けて歩けば、上中里駅迄は40分も掛る。 京浜東北線は快速運転なので、赤羽から湘南新宿ラインと云うよりも、東京駅から本数の多い東海道本線と云う方が王道なのかも知れない。
「海の日」に西尾さんが腕を振るう、軽井沢の「クーカル ラーメン祭」だが、1000円渋滞が怖い貸切バスのツアーは避けて、新幹線で伺うプランにした。 ディスカウントや特典の多い企画切符を「大人の休日倶楽部」で購入する等、エコノミックな手段を駆使したら、大分、経費節減に為った。 まぁ、其れでもバスツアーの2倍一寸は掛るが… 湘南新宿ラインで、延々と高崎迄行くと云うアイデアも有った。 電車の旅が大好きな小生ひとりなら、間違い無くこのプランなのだが、軽井沢が初めてと云う奥さんと娘が一緒なら、「あさま」が正解だろう。 そう云えば、小生自身も「長野新幹線」だけは乗った事が無かったなぁ。
Baku
posted by claris1 at 21:15| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

今日のめじろ 其の483

人間ドック迄は、金メジも失礼したいと思って居る。 あの雰囲気の中で「アルコールは頂けません」では、失礼にすら為るのでは無いかしらん。 代わりにと云う訳でも無いのだが、未だ明るい内に川崎に途中下車して見た。 祐貴社長は不在だったが、厨房にはAさん/Kさんの強力コンビにI さんもいらっしゃる。 ホール担当は新しいスタッフの方で、小生は存じ上げない。 店内は8割程のオキュパンシーで賑わって居る。
豊富な品揃えの券売機の前で少し考えたが、折角なので冷やしサワーら〜めんを頂く事にした。 Kさんが目の前でブシュ〜っと炭酸出汁を放出して呉れるが、今回は少し泡の収まるのを待ってから、シャッターを切った。 スープは前回頂いた時よりも、煮干香が高い。 ベースは「塩煮干」だったかな? 冷たいスープなので、麺とスープが絡んだ時に一層煮干が押し寄せる感じだ。 スープの中には煮干の堅い残片が有り、此が歯に当たると良い感じがしない。 麺はこの冷たいスープに浸した時の喰感が良い。 キコっとした腰とツルっと感のバランスがとても良い。 小麦粉の風味は、やや煮干に圧され気味かも。 チャーシュウは、厚目で脂分の少ないボサっとしたタイプ。 評価は分かれそうだが、この温度のスープに浸すなら小生は賛成票を投じたい。 メンマは穂先の様でそうで無いと云う、一寸中途半端な部分を使って居る。 冷やしで有っても、本店と同じタイプがベターな様に思われた。
Baku
posted by claris1 at 18:40| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

虎の食卓@神田 2回目

開店日から3日間の「スペシャル期間」を終えて、「虎」はどんなラーメンを提饗して居るのだろう。 本降りの雨が傘を叩く中、20分の距離を歩いて須田町のガード下へ至る。 開店時刻が判らなかったので、安全を見込んで正午丁度に到着。 入口を塞ぐ様に逞しげに立つ御姉様が小生を睨む、いや、微笑む。 前客0/後客4。 雨とは云え、開店したばかりの御店の昼休み時としては、やや淋しいかも知れない。 醤油ラーメンを御願いしたが、提饗迄に10分以上掛かる。 前回はスペシャルだから…と思ったが、前客0でこの時間は待ち長い。 11時30分に開店と伺ったが、若しかしたら小生が最初だったのかも知れない。 だとすれば、寸胴の温度が上がるのに時間が掛かった…とか? 或いは、オーダーを入れた後に財布を忘れた(先払いです)OLさんが戻るタイミングに合わせた? いや、其れは酷過ぎるから、そんな事は無いのだろうが… でも、OLさんが戻ったタイミングに小生と彼女の丼は同時に並んだ。 確かにホールの御姉様は、OLさんのオーダーを「待ちで」と伝えて居たのだが。 後から来られた御客様への提饗時間は数分だったので、多分、小生の最初の Guess が正鵠を射て居たのだと信じよう。
扨、饗された作品は「がんこ」からは程遠い一杯だ。 まぁ、スペシャルとノーマルが全く違う筈は無いので、予想はして居たのだが… スープは恐らくは単純な造りでは無いのだろうが、シンプルにも感じるやや濃い目の醤油味。 黒胡椒がとても良く合うが、「此れは」と云う特徴に乏しい。 悪く云えば、平凡なスープに思えて仕舞う。 麺はスペシャルの時と同じ、少しだけ中太のストレート。 矢張、香ばしい粉が練り込んで有る様な味わいで、濃口醤油のスープとの相性は悪く無い。 但し、喰感が伴わない。 もう少し、ツルっとした口当たりが欲しいが、そう為るとスープと合わなく為っちゃうかも… 斜にスライスした葱は少し葱々して居るので、もう少し量を加減しても良いのかも知れない。 怖いのはチャーシュウ。 脂身たっぷり過ぎで、シニアには向かない。 メンマは入って居ない。 この作品は、「がんこ」とは違うと心得なくては為らないな。 うーん、コップとティッシュペーパーには、コストを掛けた事が判るのだが、新店ラーメンに厳しい神田の地でリピーターを得るには、足りない物が有る様に感じて了った。
Baku
posted by claris1 at 20:02| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

燦燦斗@東十条 其の42

先日、御所様達の御相伴に与って以来に為るので、10日程インターバルが空いての訪問。
梅雨空を気にし乍、10分程待ってから入店。 前回はつけ麺だったので、この日は多少暑いもののラーメンを御願いした。 行列中から奥様がオーダーを取って下さるので、カウンターに着いてからの提饗時間は早い。 スープの香りは魚介系が中心だが、啜って見ると鰹節に豚骨が適切に絡み、其処に醤油がじわっと来ると云う。 燦燦斗ならではの、味わいが押し寄せる。 毎度の事では有るが、此が非常に小生好みのスープの源。 もっと色んな具材が溶け込んで居るのだろうが、調和の取れた構成が見事と云う他は無い。 比重の大きいスープだし、味わいも深く濃い。 だが、決して重たい印象には為らない。 飽くまでも、執拗さを回避して居る。 巧みなものだなぁ… 麺も巧みさでは負けて居ない。 太く弾力の有る麺は、喉越しと云う前に口当たりがスムースで、噛む楽しみさえも有ると云う卓越した自家製麺。 其処にあのローストチャーシュウが浮かんで居れば、最早、何をか云わんや。
Baku
posted by claris1 at 20:57| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人間ドックに向けて

2009年も早くも半分が過ぎ、毎年恒例の人間ドックが間近に迫った。 此れも毎年の事為れど、半月程の「節制期間」を設けようと思う。 もう2,3回は書いたと思うが、「健康診断の前だけに生活態度に改めるのは邪道なだけで無く、正しい診断結果を得られない」。 はい、御所様初め、識者の皆様の御意見、悉く御尤もです。 でも、スミマセン、こんな奴だと御諦め下さいませ。 5年程前に健診前夜に飲酒した結果、半年の禁酒を命じられた苦い経験からの歪んだ学習の成果と御笑い下さい。
…と云う次第でアルコールは禁忌とし、炭水化物、特に夜は此れを極力低減する日々と致したく… 半月の御容赦を宜しく御願い申し上げます。
Baku m(x_x)m
posted by claris1 at 00:00| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。