2009年06月01日

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 57回目

もう、水無月である。 陰暦の6月では有るが、梅雨の季節に「水無月」とは・・・(此れは別稿を立てよう)
其の初日の昼休みに向かったのは、日本橋の「ますたに」。 会議が延びたので、もう13時を回ってからの訪問。 前日に渦のイベントの延長線上で随分飲んだので、本来ならミルクホールの出番なのだが、次の会議予定を考えるとタイミング的に難しい。 ホール担当の「丁寧御姉さん」にも顔を覚えて頂いた様で、「何時も有難う御座居ます」と枕が付いた。 其れでも「麺固40秒、後は普通で、御飯は要りません」と御伝えする。 「40秒のラーメンです」と云うのが、彼女の決まり台詞だ。
前回程では無いが、矢張、醤油味が濃く為ったと思われる。 辛さは前回程には感じなかったが… まぁ、或いはこう云う傾向を強めたのかも知れないが、京都風から神田風?へシフトしつつ有る…訳無いね。 元々、京都本店の味とは随分違うと云う話だから。 麺も葱も良い感じだ。 チャーシュウは前回よりは、クオリティが低いが悪くは無い。 最後に残るスープの表面に広がる背脂を見ると怖い感じで、持参した黒烏龍茶を直ぐに処方する。 背脂少目にすると、余計に醤油感が強まるものと思われるなぁ。
Baku


posted by claris1 at 22:41| 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。